【毎日更新中】2019/7/19から メンタワイ テレスコープ サーフトリップ中!

本日もスモールサイズ。バリアンも混雑ぎみ【22日目 バリ島サーフトリップ2019】

2019/5/11〜6/9の30日間 バリ・ロテ・G-land サーフトリップの記録です。

>>>トリップ1日目はこちら
>>>ロテ島編の初日はこちら
>>>バリ島-ロテ島-G-Land サーフトリップのすべての記事
>>>前回のバリ島&ジャワ島レッドアイランドの記事はこちら
>>>【最新】G-Land&メンタワイサーフトリップの記事はこちら

今日も朝5時に起床。

どんより曇り空が広がる。

連日サイズアップ予報だけどずっとスモールサイズ。

今日こそは!と思い6時半に波チェック。

こりゃあかんなぁ。

昨日よりサイズ落ちてるかも。

IさんTさんと相談したところTさんはマデウィに入るとのこと。

Iさんと自分はバリアンに向かうことにする。

こうなるかもと思っていたのでウインドブレーカーを持ってきておいてよかった。

今年はほんとに寒い。

また30分ほどバイクを走らせてバリアンに向かう。

さすがバリアン。セット肩〜頭

バリで一番ウネリに敏感と言われるバリアン。

昨日よりサイズは落ちているがそれでもセットは頭。

あとから知ったのだが今日はウルワツでさえ腰サイズ。

クタに至ってはフラットだったと言うからバリアンのこのサイズは凄い。

バリのメインポイントが小波なのでガイドに連れられた日本人も5人ほど入っていた。

バリアンに1Dayトリップに来ているのだろう。



ワンサイズ落ちたからなのか昨日よりは乗りやすい。

Iさんも昨日より全然乗れたらしい。

調子に乗って密集しているピークに向かう。

中途半端にショルダーから乗るような気持ちでは全く波は回って来ない。

どピークを狙ってパドルするがいい波は取れない。

中途半端な波に2本ほど乗る。

やはりまだまだスキル不足で良い波は取れないなぁ。

それでも去年よりはかなり取れるようになってきた。

成長はしているので次回またリベンジだ。

Sushi Surf Balianで一休み

昨日のワルンはオープンしていなかったのでSushi Surf Balianというカフェ?日本食レストラン?に荷物を預かってもらっていた。

微妙にめんどくさそうな対応だったので預ける人は少ないのかも。

お寿司やカツ丼も食べられるカフェだが結構高い。

いや正直に言うとめちゃくちゃ高い。

寿司8貫で2,000円はないわぁ。

他のドリンク類やインドネシア料理も総じて高価。

まぁそういう店なんだな。

Pondok Pitayaというバリアンビーチの目の前の高級ホテルと同系列のようだ。

ビーチのすぐ横にあるホテル

シャワーやトイレはホテルのものを使えた。

ホテルに戻って昼食

今日の昼食はガドガドとペッパースープ。

スープはご飯にかけて食べるのがインドネシアスタイルらしい。

ずっと別々に食べてたよ。

なおコレはソトアヤムなどのスープ系で共通らしい。

夜にでたソトアヤムもご飯にかけて食べたが美味しかった。

スポンサーリンク

痛恨のG-Landトリップ中止

食後にホテルオーナーとG-Landのトリップについて打ち合わせ。

結論から言うと今回は中止になってしまった。

理由はレバラン(断食明け大祭)の9連休。

この期間はバリや都市部に出稼ぎに来ている人が一斉に帰省する。

観光や休暇も含めるとその規模2.5億人以上という。

ジャワに渡るフェリーは順番待ちの大渋滞で数時間〜5時間ぐらいかかるらしい。

バイクで帰省する人が交通事故や熱中症で毎年数百人死亡する過酷な期間。

この期間にG-Landに行くのはおすすめできないとのこと。

レバラン前はあまりにも波が無さすぎて行く機会を逃してしまった。。。

今回は残念ながら取材は中止。

ホテルオーナーに一人でいってもらい写真撮影をお願いしプランの作成だけは先に進めるように約束する。

内容的・価格的に魅力のあるプランにはなりそうなので自分で体験できなかったのはとても残念。

明日は本気でサイズアップ予報

明日は帰国までの1週間で唯一ダブルサイズが期待できる。

今回のサーフトリップはノーサーフの日はなかったにせよ波に関してはかなり外したといえる。

というかハイシーズンである乾季でココまでずっと波がないのは本当に珍しいらしい。

明日はなんとか大きい波に当たりたい。

期待を込めて明日に備えて寝ます。

>>>翌日は怒涛の5時間半連続サーフィン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です