【毎日更新中】2019/7/19から メンタワイ テレスコープ サーフトリップ中!

ロテ島編スタート 初日はクパンまで移動【7日目 ロテ島サーフトリップ2019】

2019/5/11〜6/9の30日間 バリ・ロテ・G-land サーフトリップの記録です。

>>>トリップ1日目はこちら
>>>ロテ島編の初日はこちら
>>>バリ島-ロテ島-G-Land サーフトリップのすべての記事
>>>前回のバリ島&ジャワ島レッドアイランドの記事はこちら
>>>【最新】G-Land&メンタワイサーフトリップの記事はこちら

今日から西ティモールのロテ等への移動。

バリ島デンパサール空港 → 西ティモール島クパン(1泊) → 高速船でロテ島バア→ 車で約2時間

こんな工程。結構遠いなぁw

現地点は青い点

>>>詳しいロテ等へのアクセスはコチラ

バリ島デンパサール空港から国内線にのる

今回はインドネシアの国内線に乗る。ジャカルタからのトランジットでは乗ったことあったけどチェックインからは初めて。

11:45フライトがけど10:30には空港につくようにホテルを出発する。

10:25に空港に到着し、バリレンタルバイクのプトゥさんとゆきさんにバイクをお返しする。

時間が不安なのでお話もそこそこにカウンターに向かう。

チャックインや荷物検査を終えて特に問題もなく11:00頃には搭乗ゲートへ。

でも11:02の時点で搭乗が開始されていた。

意外と全然余裕がない。もうちょっと早めに着いても良かったかもしれない。

今回使ったのはインドネシアのLCCであるライオンエアー。

さすがLCC。機内食でカップラーメンを注文できるw

しかも肘掛けがグラつくなぁと思ったらネジ抜けかけてたwww

もちろん飛行に支障はないんだけどこれが見逃されてるってことは?って勘ぐってしまうよね。

飛び立ってすぐに見えるヌサドゥアエリア。高級リゾートが立ち並ぶ一角だけど泊まれる日は来るんだろうか?w

1時間後にはスンバ島が見えた。ここも良いサーフポイントが点在しているらしいので今後気が向いたら行くかもしれない。

2時間ほどのフライトで無事、西ティモールのクパン(エルタリ空港)に到着した。

タラップで滑走路に降り立つのはちょっとテンション上がる。

どうやらリニューアル工事中らしい。

こじんまりとしたまさしく地方空港というような趣。

サーフボードも無事受け取ってタクシーを探そう。

空港から出てすぐに運転手から声をかけられる。

ホテルの名前を伝えると70,000ルピア(約560円)とのこと。

たしかソレぐらいだったと思うのでお願いする。もしかしてエリアごとの固定料金なのかも?

タクシーチケットカウンターからチケット取ってきてたし。

20分ほどでホテルに到着。我ながらめちゃくちゃスムーズだったなぁ。

Hotel On The Rock by Prasanthi

今までバリで泊まった中で一番高いホテル。なんと3400円!

昨日までのホテルの3日分であるw

予約が3ヶ月も前なので値段忘れててびっくりした。

他にももう少し安いホテルもあったのだけども翌日のフェリーターミナルまでのタクシー手配に不安があったんだろうな。。。

他のブログで実績のあったホテルを選んだような気がする。

もうフロントからして違う。ちゃんとスーツ着て落ち着いた物腰の男性。

いつもみたいにソファーで寝転がってスマホいじっている短パンのにーちゃんとは格が違う!

プールも完備。サイコーじゃね?

1時間ぐらい泳いだり浮かんだり潜ったりしてたw

ホテル内にレストランもあるので夕食はココで。

イカンバカール(80,000ルピア)という魚料理を奮発しようと思ったけど品切れ。

この海のそばで魚が品切れなら何あるのよ?と思いつつもかわりにAyam Baker Pe’e(55,000ルピア)というのを頼んでみる。

Ayamは鶏肉。Bakerは焼くなので鶏肉を焼いたなにかだろう。

唐辛子マークが2個ついているので辛いんだろうな。

店員さんも心配してくれたけど「大丈夫!辛いの好きだから!」的な返事をしておいた。

そして出てきたのがコレ。

見るからにめっちゃヤバイの来た。

久々にめちゃくちゃ辛い。

皮を残して中身だけ食べようかと思ったけど、先程店員さんに調子コイたので残すと恥ずかしいと思い頑張って食べるw

それでも慣れてくると辛いなりに食べられる。これならスリランカで食べた激辛カレーのほうが辛かったかもしれない。

むしろ美味しくなってきた。ライスと混ぜてナシチャンプルー的な感じにすると更に美味しい。

時間かけてゆっくりたべたし良い時間を過ごせたとおもう。

タクシー手配・ATM・夜の散歩・注文間違い

食後にフロント行ってタクシーの手配をしておいた。

「ロテ」「タクシー」「トゥモロー」ぐらいしか言ってないwww

手慣れたもんで全然余裕で手配してくれた。

ありがたい。

しかしまぁこの英語レベルで海外一人サーフトリップできるんだからインターネットとスマホは素晴らしい。

確実に世界を広げてくれた。

高速フェリーは8:30出港。タクシーは7:00に迎えに来てくれるらしい。

タクシー料金は150,000ルピア(約1,200円)とのこと。

空港から2倍強の距離なので計算あってるな。


すぐに部屋に戻るのもと思い少し散策する。

ATMがあったのでお金をおろしておこう。

カードを入れて言語を選択。

暗証番号を入れて金額を選択。

ココがちょっとややこしいけど口座を選択する。

Checking Accountは当座口座。Saving Accountは普通口座。Credit Cardはキャッシングになる。

いつも使っているJNBのVisaデビッドならCheckingでOKだった。

国際キャッシングならCredit Cardを選べばOK。

とりあえずこれでしばらくお金は大丈夫。

続けて散策。

ジャワ島に行ったときもおもったけど、やはりバリ島は豊かなんだと実感する。

通りの家や店舗が明らかにボロい。

さらにちょっと歩くと謎の屋台?が。

メニューに英語表記が無いのでぜんぜんわからない。

なんだかわからないが、おねぇさんにオススメをお聞いて注文してみる。

なお英語も通じないので雰囲気でオススメどれ?みたいな空気を出して教えてもらったので実はオススメかどうかもわからないw

2種類頼んで38,000ルピア(約300円)。

この時点で「あれ?思ったより高くない?」とは思ったんだけど既に調理が始まっていたのでキャンセルするわけにもいかず見守る。

キャッチャーミットみたいなバナナを切りはじめて生地を付けている。

どうやらフライドバナナ屋さんだったらしい。

鍋一杯にめっちゃいっぱい揚げてる(;´Д`)

カスタードとチーズ。シナモンとチーズを注文したらしい。

んでコレである。2パックで1Kgぐらいありそう。

衣めっちゃあまいし40代には空腹でも1パックがキツイわコレw

各3個ずつぐらい食べてギブアップ。

明日の朝再チャレンジしてみようか(;´∀`)

スポンサーリンク

明日は早朝から高速フェリー

明日は6時には起きて荷物を再パッキングしよう。

ぜんぜん波がないから高速フェリーは快適なはず。

明日も楽しい一日になりますように。

>>>翌日はロテ島到着&即1ラウンド!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です