【毎日更新中】2019/7/19から メンタワイ テレスコープ サーフトリップ中!

サーフボードリペアとウルワツ寺院観光【6日目 バリ島サーフトリップ2019】

2019/5/11〜6/9の30日間 バリ・ロテ・G-land サーフトリップの記録です。

>>>トリップ1日目はこちら
>>>ロテ島編の初日はこちら
>>>バリ島-ロテ島-G-Land サーフトリップのすべての記事
>>>前回のバリ島&ジャワ島レッドアイランドの記事はこちら
>>>【最新】G-Land&メンタワイサーフトリップの記事はこちら

今日はバリがサーフィンのトップシーズンに入ってから一番波が無い予報。

ということで今日は購入初日に壊したサーフボードの修理をしようとおもう。

明日はロテ島への移動日だけど24時間あれば修理してくれるところがあるだろう。

朝イチからサーフボードショップを探す。

リペアショップにはDing Repairの看板

サーフボドショップの修理をしてくれるお店は「Ding Repair」の看板がかかっているらしい。

さっそくGoogleMapで早朝8:00から空いているところにを見てけ向かう。

到着してみると車の板金屋さんであった。

たしかにDing(凹み・キズ) Repair(修理)だわw

もうちょっとちゃんと調べていけばよかった。

ホテルの近くにもあったのだが9:00開店だったのでパスしてた。

戻って店先でオープンするまで待っていよう。

お店の名前はBALITUBES。

バランガンのホテルとウルワツ通りの間にある。

スマホをいじりながら30分ほど時間を潰していると店長さん来店。

早速板を見てもらった。

初日にクラッシュしたノーズ裏面以外にもレールも1箇所軽いクラックが入っていたので直してもらう。

見積もりは200,000ルピア(約1,600円)

高くても100,000ルピアぐらいと思っていたので値下げをお願いしたら150,000ルピアになった。

たぶん100,000ルピアでもいけたと思うけど価格交渉苦手なので150,000ルピアでOKした。

我ながら弱いw

それでも日本で直せば5,000円以上はするので安いもんである。


今日の夕方には治るらしい。電話番号を伝えて早く終わるようなら連絡してもらうようにお願いしておく。

なおこのお店はサーフボードのレンタルもしてるので代わりも板を借りてサーフィンすることも出来た。

でも今日はサーフィンはお休みにしよう。

お昼には修理完了。板の回収&昼食

ホテルに戻ってダラダラしてるとサーフショップからSMSが。

なんと12時には修理が完了するとのこと!早い!


早速12時に板の回収に向かう。難度の低い修理だったので心配もしてなかったんだけどキレイに直してくれていた。

超簡易なリペアルーム

お金を払ったら板を持ってバイクまで持ってお見送りまでしてくれた。絵に描いたような良いお客さんだったんだろうなw

ちょうどお昼だったので近くのカフェへ。

GoogleMapと店の名前が違うなぁ。居抜きかな?

とりあえずナシチャンプルーが25,000ルピア(約200円)と書いているので安心して入れる。

バーガー・ピザなどもあるがナシチャンプルーを注文してみたら、見たことないおしゃれなのが出てきた。

外国人向けにアレンジしたカリフォルニア巻きみたいなナシチャンプルーだったけど味も良い!

辛くも無いのでパクパク食べられる。

大きな樹の下にテーブルがあって通り抜ける風も気持ちいい。

ガラガラなので4人テーブルを専有させてもらって食事が終わったあともダラダラ。

口が寂しくなってポテトも追加注文。

このポテトがナシチャンプルーと同じ25,000ルピアなんだから物価がよくわからない。

ナシチャンプルー 250,000ルピア
フレンチフライ 250,000ルピア
炭酸水 100,000ルピア
コーラ 100,000ルピア

合計 700,000ルピア(約560円)

なんだかんだで3時間ぐらいのんびりしてホテルに戻る。

バリでいままで2ヶ月ぐらいは過ごしてるけどココまでお店でノンビリしたのははじめてかもしれない。

ウルワツ寺院のケチャダンス

昨日サーフィンしたウルワツにはバリでも屈指の観光スポット ウルワツ寺院がある。

普通の観光でウルワツといえばこのウルワツ寺院のことを指すらしいけど寺院には行ったこと無かった。

板も帰ってきたのでサーフィンに行けるんだけど、今日はケチャダンスを見に行こうと思う。

ウルワツのケチャダンスは大人気でチケットが取れないこともあるそうなので少し早めに行く。


バランガンのホテルからは20分ほど。

駐車場が1,000ルピア(約80円)+入場料30,000ルピア(約240円)

崖下に昨日入ったサーフポイントが見える。

ケチャダンスのチケットは17時販売開始。こんな感じにカウンターの中の男性にお金を差し出しチケットを売ってもらう。

料金は100,000ルピア(約800円)

順番とかはなし。声でかい順みたいなw

お金を渡すとチケットと共に各種言語のストーリーを書いたパンフレットも貰える。

コレを読んでおくと話がわかりやすい。

チケットをもらったら会場へ。コチラも早いもの勝ち。

開始30分前にはほぼ満席。

ケチャダンスは前評判どおり宗教的なものではなくあくまでショーだった。

演者による客いじりやコールアンドレスポンス的なものまであった。

もちろんそれはそれで楽しいので一度は見てみるのはオススメ。

ただ数年前に見たガチ宗教儀式で踊られるバリ舞踊のほうが印象深かったかな。

できればもう一度見てみたいので、この旅行中にやっているところを探してみようか。

夜バイクで市街を入っているとガムランの練習風景を見れたりするの結構好き。

スポンサーリンク

明日はロテへの移動日

明日11:45の飛行機でティモール島のクパンまで移動予定。

でもその前に朝イチでバランガン入ってこようかな?

帰ってすぐ出られるように荷物はまとめておこう。

>>>翌日は西ティモールのクパンへ移動 ロテ編がはじまります

2 COMMENTS

oyajisurf

毎日ブログの更新お疲れ様です。毎日更新されるのが楽しでしゃーない今日のこのごろです。
明日からロテ島ですね!ドキがムネムネのワクワクが止まりません!

返信する
ぼっちさん ぼっちさん

ありがとうございます!結構時間ギリギリで書いてますw毎日アップ目指してがんばります💪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です