【毎日更新中】2019/7/19から メンタワイ テレスコープ サーフトリップ中!

G−Land & グラジガン シークレットへのサーフトリップ概要【2019年7月】

2019年2回目のサーフトリップはイーストジャワとメンタワイ。今回もぼっち旅ですがレンタルバイクを使わないトリップになりそう。

>>>前半戦の記事一覧 2019/7/12〜2019/7/18 G-Land & グラジガン
>>>後半戦の記事一覧 2019/7/19〜2019/7/30 メンタワイ テレスコープ

>>>2019年6月の30日間トリップはこちら
>>>2018年6月の21日間トリップはこちら


ここでは急遽行くことになったG-Landとグラジガンについての概要をまとめておきます。

ハード&高価なG-Land

前々回のサーフトリップ前にレッドアイランドいこうと計画していたときのこと。

>>>【レッドアイランド】バリ島から行ける穴場サーフスポット

レッドアイランドの近くにはあの超有名なG-Landがすぐ近くにあるらしい!

G-Landは最高の波が立つが非常にハードで難しいという印象だったけど一度は入ってみたいと思った。

この投稿をInstagramで見る

Some gold from the other week #grajagan #java #indo #left #surf #warmth

Shannon JCさん(@shan_jc)がシェアした投稿 –

その気になって調べてみるとG-Landは国立公園に囲まれており陸路から立ち入れない。

グラジガンからボードでポイントにアクセスし国立公園内のバンガローに寝泊まりしながらサーフィンだけの生活をするサーフキャンプスタイル。

そしてサーフキャンプはわずか3件。

上質な波と知名度に比べて圧倒的に少ない宿泊施設の関係か驚くほど高価!

>>>Bobby’s Surf Camp
USD 640 (3 days/3 nights) = 約7万円/3泊
USD 870 (6 days/6 nights) = 約9.5万円/6泊

>>>G-Land Joyo’s Surf Camp
3 N ( USD 625 / Person ) = 6.8万円/3泊
6 N ( USD 750 / Person ) = 8.2万円/6泊

>>>G-land jack’s surfcamp
USD $550 for 3 nights = 6万円/3泊
USD $700 for 6 nights= 7.6万円/6泊

ということで貧乏トリップ主体の自分の中では「無い」サーフポイントだった。

今回なぜ行くことになったのか?

このブログではサーフトリップに不慣れなサーファー向けに「マデウィサポートプラン」というサーフトリップを手助けする企画を紹介している。

>>>マデウィサポートプランの詳細はこちら

このプランを主催しているマデウィのホテルオーナーのウサン。

奥さんはイーストジャワ出身でグラジガンにもよく行くし、G-Landにも詳しくサーフィン関係の仕事をしている友人もいるらしい。

そんなこんなで割安なG-Landへのサーフトリッププランを作りたいという。

それなら行かない理由はない。

本当は前回2019年5月〜のサーフトリップで行くつもりだったのだが波と帰省渋滞(レバラン)のタイミングで行く機会を逃してしまっていた。

>>>2019年5月のサーフトリプ記事まとめはこちら

ホテルオーナーが別途取材に行き、その写真や情報を元にプランを作ることもできたけど、自分が行ったことがないサーフポイントを紹介するのもなぁ。。。と思っていた。

今回は急遽メンタワイに行くことになったので無理やりG-Land & グラジガンもトリップ先に組み込んだ。

フリーは5日間しか無いけど良い波に当たるといいな。

G-Land & グラジガンへのアクセスは日本から約24時間

今回はエアアジアで関西空港からマレーシア(クアラルンプール)へ。

クアラルンプールからバリ島デンパサール空港へのルート。

総移動時間は13時間弱。

チケットは27,000円ほどだけどサーフボードチャージが8,600円もかかる。

機内食も注文して総額36,622円だった。

なおこれは片道。

今回はメンタワイにも行くのでこのルートは1回のみになる。

バリのデンパサール空港からは自動車とフェリーを使ってグラジガンへ

およそ7時間ほどかかるだろうか。

G-Land、グラジガンは日本からだとおよそ24時間ほどかかる結構遠いサーフディストネーション。

まぁそれでもロテよりは近いのだけども。

>>>ロテ島 T-LANDへの費用の調査結果

スポンサーリンク

G-Landだけじゃないグラジガン シークレット

G-Landへ向かう港町であるグラジガン。

このグラジガンもG-Landと同じ湾にあるためサーフポイントが点在しているらしい。

しかし外国人サーファーが訪れるようなサーフポイントはなく、ほぼ貸し切りどころか完全に無人のブレイクが多数あるという。

今、インドネシアで貸し切りでサーフィンできるようなポイントは殆ど無い。

今回のプランではグラジガンのローカルサーフガイドと協力し、シークレットポイントでサーフィンできることをメインに考えている。

どれほどのポイントなのかとても楽しみだ。

トリップは2019/07/12〜18の6日間

今回のトリップは2部構成。

2019/07/12〜18 G-Land & グラジガン
2019/07/19〜28 メンタワイ

メインはメンタワイということでG-Land & グラジガンは短め。

前回同様に毎日更新しながらトリップする予定です。

よかったらまた読みに来てくださいね。

関連記事

>>>G−Land & グラジガン シークレットへのサーフトリップ の記事一覧
>>>バリ島-ロテ島 サーフトリップ の記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です