【2020/2/2〜2/28まで】バリ/ロンボク/スンバワ 3島をバイク&フェリーでサーフトリップ!

【2020年2月 スンバワ島編 2日目】タイドと風で波を外す。そんな日もあるよね

>>>バリ島ロンボク島スンバワ島 バイクでソロサーフトリップの全記録

>>>バリ島編1日目から読む方はコチラ
>>>ロンボク島編1日目から読む方はコチラ
>>>スンバワ島編1日目から読む方はコチラ

>>>Yoyo’sへ行きたい!をお手伝いするサポートプラン


昨日は大当たりだったヨーヨーズ。

今日ももちろん海に向かいます。

貸し切りのヨーヨーズ

7時起床。

このホテルは今回のトリップで初の朝食付き。

パンケーキ、目玉焼き、スクランブルエッグから選べるっぽい。

パンケーキをお願いした。

はちみつのかかったパンケーキと紅茶。

積極的に注文はしないけど食べれないこともない味w

だいたい安宿の朝食って美味しくないんだよな〜。

8時前に海に出発。

今日もヨーヨーズを目指す。

貸し切り!だけども?

峠を超えて20分ほどかけてヨーヨーズへ。

さほど距離はないんだけども峠が結構きつくてペースが上がらない。ちょっと通うの遠いなぁ。

到着!そして駐車場にはバイクなし!

おお!貸切か!?

早速波チェック。

あれ?マジで誰も居ない。

というかインサイドのリーフむき出し。

あぁ〜ロータイドなのか。でもなんかグラフおかしいな。

出来ないこともなさそうだけど昨日より掘れてる。

うぅ〜ん。。。まぁやめておこうか。

誰も居ないし良くないんだろう。

11時ぐらいまで時間を潰そう。そう考えると昨日はいいタイミングで入ったんだな。

トロピカルズへ

ヨーヨーズから少し南にトロピカルズというポイントがあるらしい。

暇なので見に行ってみよう。

気持ちのいいルート。

程なく到着。

海めっちゃキレイ。

スンバワは透明度が半端ない。

シュノーケリングとかも楽しいそうね。

トロピカルズの目の前にはサーフ&リゾートのヴィラがある。

もうアラフィフ近いんだから家族連れてこんなトリップする歳だよな。なんてことを思いもする。

7泊で10万円ぐらい、、、か。でも今のスタイルも楽しいしなぁ。といっても20代の貧乏学生みたいなトリップをしているのもどうかと思うがw


しばらくボーッとしているとロングがひとり入っていった。

腰ぐらいかな?

張ってないしショートライド。

ココは他よりワンサイズ小さいので今日は波がなさすぎるのだろう。

二日後ぐらいはサイズアップしてくる予報なので、そのときに他がデカすぎたら入ってみよう。

ヨーヨーズのホテル巡り

まだ時間があるのでヨーヨーズ周辺のカフェで時間を潰そう。

そう思って移動してたんだけど途中で見かけたヨーヨーズのホテルに突撃してみようと思い立つ。

よく白人さんはホテルに直接行って部屋見せてもらってその日に泊まる宿を決めるらしいしね。

ちょっと真似してみよう。

Yoyo’s Hotel

agodaで3,000円ぐらいのホテル。

エアコン付きで200,000ルピアって書いてる。

いまエアコン無しで同じ値段だから良いじゃないか!

結構しっかりした門構え。

とりあえずレセプションにいって部屋を見せてもらうようにお願いする。

おお!まじでエアコン付きで200,000ルピアだ!

この部屋見せてってお願いしてみる。

お!キレイじゃん!

と思ったら、別の建物へ。

一気に空気が怪しくなるww

窓が一切ない薄暗い部屋。

頭に浮かんだのは「独房」という単語。。。

ああ、、、コレ窓さえあればマシなんだけどな。

ちょっと辛いな〜。どうしようかな〜。

とりあえず例を行ってホテルをあとにする。

今から思えばスタンダードルームも見せてもらうんだった。

New Rantung Beach Resort and Cafe(Kacchapa Beach Resort)

名前がよくわからないホテル。

googleではKacchapa Beach Resortになっている。

看板はNew Rantung Beach Resort and Cafe

オーナーが変わったパターンかな?

ここも広大な敷地。

レセプションぽいところに突撃。

部屋を見たいと言うと案内してくれた。

デラックスルーム。450,000ルピア(約3600円)

冷蔵庫も完備。

なんと湯船まで!

さすがに良い部屋だなぁ。

次はスタンダードルーム。350,000ルピア(約2,800円)

冷蔵庫とバスタブはないけど十分な部屋。

フリーウォーターなのは嬉しい。

最後にサーフキャンプルームも。

180,000ルピア(約1,440円)

ここも独房感あるなw

しかもファンのみ。無理だわ暑い。

先程のYoYo’sホテルもそうだけどすべて朝食付き。

レストランも併設されている。

物価はこんな感じ。まぁ結構お高め。

バリなら行かないレベル。

どうしよっかな。

ここの35,000ルピアの部屋に引っ越そうかな。

今のホテルはヨーヨーズまで遠いし暑いし。

しかしこのへんのホテルはあまりネット集客してないのかな?

agoda,booking.com,hotels,公式サイトどれも見つからず。

というか他にもネットに見つからない小さなホームステイとかもたくさんある。

なんというか、コレでやっていけるんだな。

小さいホームステイ買って自分で集客すれば生活するぐらいはできるかもしれないな。。。なんてことが頭に浮かぶ。

スポンサーリンク

スーパーサックをチェック

行ったり来たりになるけどホテルに戻ってこのホテルに移動しよう。

帰るついでにスーパーサックのポイントチェックに行ってみる。

いまいち場所がわからないがGoogleMapだよりで行ってみる。

なんかココを右にって言ってますけど?

超やべぇ。

どんどん奥に進んでいくもあと1Km以上あるところで獣道みたいになる。

しかも結構なくだり。

ヤバくなってきたので断念。

たぶんこの道は違うな。

でもこんなところに別荘的なものが建っていた。

また違うルートでスーパーサックは行ってみよう。

ホテルに戻ってチェックアウト

ホテルに戻ってパッキング。

またトンボ帰りでRantung Beach Resortに戻る。

戻っている途中で先程たどり着けなかったスーパーサックホテルへの看板を発見!

行こうと思ったけど荷物満載なので別の機会にする。

ホテルに到着!荷物をばらしてヨーヨーズに向かう。

もうすでに12時半。

半日うろうろしてたんだなw

リズムに乗れないヨーヨーズ

みんなよくわかってるんだな。

朝とはうって変わって駐車場にはバイクが7台。

早速海へ。

砂がめちゃくちゃ暑い!!

人数は自分を含め9人。

ただ昨日よりサイズダウン。

奥からは繋がり気味で上手い人も捕まっている。

繋がったとこからを狙ってポジショニングしていれば結構乗れた。

ただなんかリズムが合わない。

アップスでレールが引っかかってコケてしまう。何してんのかなもったいない、という感じ。

動画を見て気づいたけど十分抜けられるのに焦りすぎて踏みすぎてたんだな。

1時間ほどで徐々にオンショアがキツくなってくる。

さらに30分経つ頃にはオンショアビュービューでコンディションが激落ち。

もう1時間早く入っておくんだったな〜。

ちょっとウロウロし過ぎた。

夕方には風も収まるかもだからホテルでゆっくりしよう。

エアコンあるしw

ホテルで昼食&寝坊

ホテルに戻ったら14時過ぎ。

おなかが減ったのでホテルのレストランへ。

ナシゴレン25,000ルピア(約200円)と水6,000ルピア(約50円)を注文

う〜ん、イマイチだなぁ。

パッサパサでなんというか魂がこもってないw

これはリピなしだな。

食べ終わる頃にはかなりの強風と雨まで降ってきた。

お腹も落ち着いたので部屋で夕方まで仮眠しよう。。。

夕方には雨もやむだろうから17時から1.5時間ぐらい海に入れるだろう。

そう思っていました。

でもね、やっぱエアコンって快適なんだね。

起きたら17時半www

やってもうた。

風は止まったけどまだちょっと雨降ってるしまぁ今日はもういいか。

疲れも溜まってるしね。

というわけで今日はコレで終了。

夜ご飯にカップラーメンを食べてブログ書いてメール書いて寝よう!

明日に期待!
>>>ガラガラのヨーヨーズが良すぎる!!このトリップ最高の波かも?

>>>バリ島編1日目はこちら
>>>ロンボク島編1日目はこちら
>>>スンバワ島編1日目はこちら

>>>Yoyo’sへ行きたい!をお手伝いするサポートプラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です