2019年5月10〜 バリ島トリップ リアルタイム更新

バリ島サーフトリップ 2018年6月 16日目 レッドアイランドとグリーンベイ

2018/6/20

4時半起床。

モスクからの爆音で目が覚める。
早すぎひん?
時間というか夜明けに合わせてコーラン流してるのね。

今日はサーフィン無理かな?ぐらいの豪雨。
朝食を取りながら雨が止むのを待つ。

スポンサーリンク


朝は貸し切り

7時頃には雨も止んで少し日差しも指してきた。
海に向かおう。

昨日よりサイズが落ちてモモコシ。
入るかどうか悩むも折角来たので入っておく。

ただやり始めると楽しい。
実はこのサイズでサーフィンするのは数年ぶり。

ホームポイントはリーフなのでムネ以上ぐらいからしかサーフィンができない。
小さいながら切れ目を選べばゆっくり考えながら走れるような波。

かなり練習になる。
f:id:Apps:20180620221524p:plain

しかも自分だけ。
完全貸し切り。乗り放題。

2時間みっちりサーフィンして上がる。
やっぱり空いている海は素晴らしい。

そう言えばビーチもかなり人が少なかった。
昨日まで激混みだったのはレバラン(断食明け休暇)だったからだな。

今日から平日。
少しは静かになるかな。

グリーンベイ観光

レッドアイランドの近くにグリーンベイ(Green Bay/Teluk Hijau)と呼ばれる観光地があるらしい。

f:id:Apps:20180620195341j:plain
Garuda Indonesia – Kiriman | Facebook

メルベティリ国立公園内にあって透明度の高い海と白い砂のビーチが自慢。

アクセスはかなり険しくセダンではなく「四輪駆動車推奨」という秘境。
隣の湾から船(漁船)でアクセスするという。

まぁ今までのトリップなら行かないんだけど「ブログネタになるしな」的な感じで行ってみよう。

ホントは晴れてる日に行きたいんだけどね。
しばらく雷雨の予報なので行けるときに行っておこうと思う。

Pantai Rajek Wesiを目指す

まず漁船に乗るためPantai Rajek Wesiというビーチを目指す。
ここに行くのも4WD推奨のヤバイ道が続くらしい。

実際と途中からは舗装もされず、朝の豪雨で水たまりもありかなりハードな道路が続く。
f:id:Apps:20180620202544j:plain

f:id:Apps:20180620202557j:plain

走っている車はガッツリ四駆。
これほど四駆が正しく使われているシーンを見たことがない。
f:id:Apps:20180620202655j:plain
どこのキャラバン隊だよ。

スタンディングポジションを取りながらスクーターで悪路をひた走る。
なにげに楽しい。

自分はオフロードバイクで耐久レースとか出てたから楽しいけど普通の人はキツイかもしれない。

約1時間でビーチに到着
f:id:Apps:20180620203817j:plain

かなりのローカル観光地感
f:id:Apps:20180620203913j:plain

ワルンでおやつ

小腹がすいたのでワルンでバクソを食べよう。
f:id:Apps:20180620203920j:plain

牛肉のすり身から作られたミートボールが入っている。

バリでは小さめのものが数個入っていたけど、このワルンのミートボールはでっかいカタマリが一個。

f:id:Apps:20180620203944j:plain

ここだけなのか?ジャワがそうなのか?

クルップとTofuをトッピング。
f:id:Apps:20180620203955j:plain
ペットボトルの水も付けて15,000ルピア(約120円)

サンバルもかけて頂く。辛くてウマい!
f:id:Apps:20180620204828j:plain

ちなみにバクソはミートボールに含まれるホウ砂が原因で肝臓ガンを発生させるリスクがあるらしい。
政府から勧告出ているがみんな関係なく食べまくってる。

漁船に乗る。半端なく濡れる

ツーリスト・インフォメーションセンターと書いている。
f:id:Apps:20180620202432j:plain

ここで乗船チケットを買うらしい。
往復で35,000ルピア(約280円)

左からバイクの駐車場タグ、行きのチケット、帰りのチケット。
f:id:Apps:20180620205029j:plain

駐車料金は3,000ルピア(約24円)
f:id:Apps:20180620205104j:plain

もうほんとに普通に漁船。
f:id:Apps:20180620205251j:plain

めちゃくちゃ濡れるらしいので海パンで乗ったけど大正解。
濡れるどころの話じゃない。

海が荒れてるのもあってバッシャバッシャかかる。
f:id:Apps:20180620210744j:plain

断崖絶壁を回り込むようにグレーンベイへ。
f:id:Apps:20180620205621j:plain

ダイナミックな景色が続く。
f:id:Apps:20180620210902j:plain
f:id:Apps:20180620205839p:plain

10分足らずでGreen bay。
f:id:Apps:20180620210055p:plain

すでにみんなグスグスに濡れている。

Green bay

めちゃくちゃ水キレイ。

でもまぁ残念なことに曇り。
曇りなんで写真ではわからないね。
晴れてればかなりキレイに撮れるんだろうけどな。
f:id:Apps:20180620211036j:plain

特にトレッキングルートなどあるわけでもなく何もない。
f:id:Apps:20180620211100j:plain

残して良いのは足跡だけ。とって良いのは写真だけ。
f:id:Apps:20180620211323j:plain

その割に奥にすっごいゴミ落ちてたけど。

インドネシアはそのへんの感覚がまだ未開の地。
サーフィンビーチもプラゴミがすごい。
www.youtube.com

30分ほどプラプラしてもとのビーチに帰る船に乗る。
f:id:Apps:20180620212453j:plain

豪雨とバクソ

Pantai Rajek Wesiに戻ったらすごい雨。
小降りになったのを見計らって帰路につく。

もちろん途中でまた豪雨。
雨で顔が痛くてスピードが出せない。

ウインドブレーカーは防水性がなくてずぶ濡れになる。
30分ほど走ってたら体が冷えてきてめちゃくちゃ寒い。
これは風邪引くかもしれん。

ちょっと温まろうとワルンに寄り道してまたバクソを食べる。
f:id:Apps:20180620220945j:plain

Bigサイズをお願いしたら笑うぐらいデカイ。
f:id:Apps:20180620220948j:plain

サンバルを入れすぎてスープが飲めない。
なんのためにバクソを注文したかわからない。

休憩してると雨がやんだ。
ウィンドブレーカーを脱いでTシャツで走る。

濡れてさえいなけれんば全然寒くない。

ホテルに着いたら14:00。
移動やなんやかんやで4時間ぐらいの観光。

まぁおもしろかった。
やっぱいろいろ行ってみるべきだな。

夕方はサイズアップ

ちょっと休憩して15:30から海に向かう。
朝に比べればサイズアップ。

サーファーも5人ぐらいいるがみんな下手。
リラックスしてサーフィン。

f:id:Apps:20180620232343j:plain

2時間近くはいって終了。
今日もいい波だった。

海から上がっていつものワルンで晩ごはん。
イカフライと魚がうまい!
f:id:Apps:20180620222051j:plain
水とで50,000ルピア(約400円)

明日の予定

あと4日。
そろそろ帰り支度を考えないと。

天気がよかったらバリ島に戻ろうかな?
あと1日いてもいいんだけど豪雨だと辛い。
晴れてるタイミングで戻っておこう。

たぶんバリは降ってないと思うんだよね。
天気が悪かったらあと1日レッドアイランドに滞在しよう。

翌日はレッドアイランド高速レフトと交通事故。。。

>>>バリ島サーフトリップ 2018年6月 17日目 レッドアイランドとマデウィへの移動

>>>2018年6月 バリ島 サーフトリップまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です