バリ島サーフトリップ 2018年6月 15日目 レッドアイランド 良き

2018/6/19

5時半起床。

日本とバリは1時間の時差。
ジャワ島は更にタイムゾーンが異なり2時間の時差になる。

バリ基準では実質6時半。
やはり少しバイクの運転に疲れていたんだろう。
いつもよりよく寝た。

エアコン無しの部屋だったけど十分眠れた。
というか扇風機が寒くて2時頃止めたぐらい。

ウォーターサーバがあったので甘いコーヒーとスナックで朝食。
f:id:Apps:20180619153942j:plain

サッポロポテト ベジタブルを少しピリ辛にした感じ。
サンバルを付けて食べる。
f:id:Apps:20180619153944j:plain

昨日見た感じだとロータイドは良くなさそうなので少し潮が上げるまでのんびりする。

スポンサーリンク


カレント強くポジション取りに戸惑う

レッドアイランドのシンボルとも言えるマンガに出てきそうな島の右サイドからゲットする。
沖への早めのカレントがある。

f:id:Apps:20180619154647j:plain

このカレントに乗れば簡単にアウトに出られるが、ずっと乗っていると沖まで流される。
適当なところでカレントから外れる。

コンパクトなライトとワイドなレフト。
f:id:Apps:20180619153308j:plain

レッドイランドのサーフィン情報ではレフトが多かった。
でも今日はワイドすぎてあまり走れなさそう。

上手い人はバリアンのような超高速レフトを楽しめるかもしれない。

カレントに常に動かされるのでピークがわかりにくい。

はじめの30分は勝手がわからず全然乗れない。

それもそのはずサーファーはわずか2人。
途中スクールが入って5人ぐらいになったけど1時間後には貸し切り。

参考になる人がいないのだ。

しばらくしてカレントを使ってクルクル回っていればとても楽にサーフィンが出来ることに気づく。

・1本乗ったら無理にアウトに出ずインサイドのカレントで島の方に流される。
・島の近くで沖カレントに乗る。
・ピーク近くでカレントから降りる。

この繰り返し。

f:id:Apps:20180619153709j:plain

めっちゃ楽やん。
ウェーブプールかよ。

波はワイドなセットで頭オーバー。
インサイドの小さめ狙いででコシハラぐらい。

切れ目をつかめば十分遊べる。
この波を貸し切りとは贅沢すぎる。

昨日の渋滞やホテルの休業でテンション下がり気味だったが一気にレッドイランドが好きになる。

自分は「いい波だけど混雑」より「イマイチだけど空いてる海」の方がいい。

ここは「まぁまぁの波なのにガラガラ」という夢のようなポイント。
人が少ないと聞いていたけどこれほどとは。

しかも48時間近く体を休めたので腕が回る回る。
完全復活で貸し切りサーフィンを2時間弱楽しむ。

そうそう。今回から投入したクリスタルグリップ!

レッドランドは完全サンドビーチなのでブーツなし(素足)でのサーフィン。
ブーツより滑るかも?と思ったけど心配無用!

調子良かったです!

****トリップ後のレビュー****

>>>【クリスタルグリップの評価・口コミ】ワックス不要のサーフボード用滑り止めシートが調子いい!

完全装備のムスリム。
f:id:Apps:20180619155713j:plain
裾がベッチャベチャだけど大丈夫なんだろうか。

名前のないホームステイ

泊まったのはレッドアイランドのメイン通りにあるホームステイ。
f:id:Apps:20180619160204j:plain

民家の一部を小奇麗に改装して貸し出している感じ。
奥にはご家族さんが住んでいる。

f:id:Apps:20180619160232j:plain

なんかイスラム教のお祈りルームの雰囲気もある。
ブラウン管テレビがいい味を出している。
f:id:Apps:20180619160320j:plain

ホテル予約サイトにもAirbnbにも載ってない。
というか名前すら無い。

こんな安宿が通りにたくさんある。
おそらく予約しないで来ても宿には困らないと思う。

逆にサイトで予約できるホテルはスゴく割高。
ちょっと不安もあるけど次は予約無しで適当に飛び込みで交渉しよう。

f:id:Apps:20180619160609j:plain

部屋数は2。
一応共有スペース的なところもある。
f:id:Apps:20180619160712j:plain

トイレはインドネシア式。
f:id:Apps:20180619160811j:plain

実はこの手のトイレは初めて。
いちおう今までは安宿とはいえホテルだったので洋式+手動ウォシュレットだった。

すごくキレイなので初心者にも安心。
でもトイレットペーパーはない。

う○ちをしたらオケで水を掛けながら左手使って※を洗う。
不浄の左手ってヤツだ。

ちなみにシャワーもない。
この桶の水を使って水浴びをする。
インドネシアではトイレも洗濯も沐浴もこの部屋で行う。

同じ水を「シャワーから出すか」「オケに貯めるか」だけなのにこれを頭からカブるのは抵抗感がある。

2回めにはもう慣れたけど。

なんや、エアコンもシャワーもいらんかったんや。

お昼は大雨

すごい雨。
f:id:Apps:20180619204852j:plain
サーフィンはどうせ濡れるんだけどやっぱり雨ではやりたくない。

ご飯にも行けないので買っておいたカップラーメンを食べよう

やたら袋が多いカップラーメン。
f:id:Apps:20180619205006j:plain

そう言えば日本も少し前にやたら袋の多いカップラ流行ったな。
(カップラと略すのは一般的なんだろうか)

折りたたみのフォークも付いている。
f:id:Apps:20180619205206j:plain

パッケージにも書かれているがライムが強くてちょっとタイの空気を感じる味付け。

ちなみに肉っぽい何かはクソ不味い。
f:id:Apps:20180619205517j:plain
日清の謎肉は偉大だ。

夕暮れにサーフィン

4時半頃になって雨もやんだので海に向かう。

相変わらず人数は少ない。
わずか4人。

しかも自分が一番うまい。
こんなに自分より下手なサーファーが多い海は初めてだw
とても気楽で良い。

f:id:Apps:20180619211255j:plain

1時間ほどで日が暮れウネリが見えなくなってくる。
今日はこれでオシマイ。

しかしレッドアイランドは丁度いいな。
なんとゆうか。。。丁度いいw
語彙力が酷い。

夜はワルンへ

昨日と同じワルンへ。
f:id:Apps:20180619212135j:plain

半分ぐらいメニューが変わってる。
ポテトフライ、お肉のなにか、野菜の辛いヤツ、AYAM BETUTU。
f:id:Apps:20180619212144j:plain

今日も「野菜は辛いですが大丈夫?」と聞かれるが昨日は余裕だった。

でも昨日と違いめちゃくちゃ辛い。
もう半端なく辛い。

それ以外は辛くないので野菜を絡めつつ頂く。
辛い。辛いけどウマい。

ごちそうさまです。
お水も付けて430,000ルピア(約350円)
今日は肉類少なめなので安かった。

宿に帰る前にコンビニでカップラなど食料調達。
外に出ると多分ゆでトウモロコシの行商かな?
f:id:Apps:20180619212653j:plain

バイクの荷台に調理器具なんかを積んでる。
f:id:Apps:20180619212727j:plain

とりあえず1本買ってみよう。
インドネシア語なので値段がわからない。

何種類かお札を見せたらまさかの2,000ルピア(約16円)
5,000ルピアぐらいかと思ったけど安すぎじゃない?

宿に戻って食べてみる。
f:id:Apps:20180619213045j:plain

皮のゴミがすごい。
f:id:Apps:20180619213056j:plain

プリッとして美味しそう。
f:id:Apps:20180619213134j:plain

甘さは控えめながらふつうに美味しい。
一瞬でなくなる。
f:id:Apps:20180619213249j:plain

もう1本買っておけば良かった。
明日は2本買おう。

最近かなり耐性がついて色んな物を食べれるようになってきた。
ちょっとお腹ゆるいのが気になるのでビオフェルミンを飲んでおこうw

明日の予定

もう大潮は終わったので朝イチから1ラウンド入ろう。

あとはお金がなくなってきたので下ろしたいんだけどATMが無い。
最寄りの町までバイクを走らそう。
ついでにちょっと観光も行こうかな。

天気が良ければね。

今日も楽しかった。
もう1週間を切ったなぁ。
早いなぁ。

しっかり楽しもう。

翌日は貸し切りサーフィンとグリーンベイ

>>>バリ島サーフトリップ 2018年6月 16日目 レッドアイランドとグリーンベイ

>>>2018年6月 バリ島 サーフトリップまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です