2019年5月〜6月 30日間バリ島トリップの記録

バリ島一人サーフトリップはサーフガイド不要の「マデウィ サポートプラン」がおすすめ

・バリ島でサーフィンがしたい。
・バイクでサーフトリップしたい。
・サーフガイドを付けずに自由にサーフィンがしたい。

バリ島サーフトリップビギナーにも安心のプランを紹介します。「マデウィ サポートプラン」です。

2018年の6月末に誕生したプランですが1年もたたず15名の方にご利用いただいています。

ほとんどはじめての海外サーフトリップ&一人旅です。

中には海外旅行自体がはじめての方も。

こんな個人ブログからお申込みいただくのは本当に嬉しいです。

みなさんホント楽しんでくれていますし、このプラン作ってよかったぁ(TдT)

>>>マデウィサポートプラン利用者さんからの嬉しいメール

バリ島サーフトリップの不安を取り除きます

・海外サーフトリップが初めて。
・マデウィに滞在したいけどガイド無しで行ったことがない。
・次回は完全フリーでトリップしたい。

そんな方におすすめのプランです。

サーフガイドではなくサポート。
「次回からは一人でサーフトリップ」が出来るように少しお手伝いします。

セット内容

①バリ島 デンパサール空港 ⇔ マデウィの往復送迎

②6泊7日 ホテル宿泊(延長可)

③毎朝の朝食

④マデウィ ローカルTシャツ

⑤マデウィ滞在中のレンタルバイク(スクータータイプ サーフボードキャリア付き)

⑥サーフポイントの解説(カレント、ゲット方法)

⑦ワルン(食堂)の使い方や紹介

1人 40,000円(日本円OK・現地支払い)

1人でも利用OK。2人以上は3,000円割引となります。
宿泊日数を短縮した場合も同価格となります(延長時は1泊3,000円)

おすすめポイント① マジックウェーブ

マデウィはバリが世界に誇るマジックウェーブ。

おどろくほど簡単な波です。
f:id:Apps:20180613123114j:plain
f:id:Apps:20180613122336j:plain

「このサイズの波にこんなに簡単に乗れるのか」と感動したことを覚えています。
www.youtube.com

最長300mものロングライドができ、スクールの初心者すらいい波を捕まえれば100mぐらい走れます。

波はコンスタントにあり、雨季、乾季問わず常時サーフィン可能。

サイズは小さくてもコシハラはあり年数回しかフラットになることはありません。
f:id:Apps:20180622133519j:plain

かなりサイズが大きくなってもカレントは弱めでポジショニングも楽。

ブレイクを外せばノードルフィンで沖に出ることもできます。

youtu.be
ゆっくり、でもしっかりと割れる美しいランナップ。

1週間もいれば数日はオーバーヘッドの日があるでしょう。

でも大丈夫。

メローなマデウィの波はダブルサイズでもクローズしません。
f:id:Apps:20180622132846j:plain

複数のピークがあり波をキャッチするチャンスも多くなります。

しかもマデウィは混雑知らずです。

マデウィはローカルに協賛したサーファーしか入れないからです。(協賛はTシャツ購入 200,000ルピア サポートプラン料金に含む)
f:id:Apps:20180622142340j:plain

これを嫌うサーファーが多いのも事実です。そのため波の質に対してとても空いています。

私個人としてはサーフガイドを付けないと海に入れないサヌールエリアに比べれば良心的とすら思えます(実際ローカルに絡まれた経験あり)

また1度Tシャツを購入すれば滞在中はずっと「お客さん」として気持ちよくサーフィンできます。

日帰りトリップでは割高になるマデウィも長期滞在ではとてもリーズナブルです。

おすすめポイント② 日本語ができる現地ガイド

ホテルオーナーの「ウサさん」は日本語もOK。
f:id:Apps:20180622134749j:plain

わからないことや要望にも真摯に応えてくれます。
私自身とてもお世話になり感謝しています。

ウサさんの人柄に惹かれちょっとでも役に立てたらと思いこのWebページを作りました。
報酬は次回1泊無料です(笑)

日本での問い合わせやサポートは私が行います。
お気軽のお問い合わせください。

ウサさんはマデウィーローカルのサーファー。顔も広く安心して海に向かうことができます。
もちろんポイントの解説などもバッチリ!

初日はビーチまで同行し、ポイントの解説やワルン(食堂)の使い方。シャワーの場所、トイレの説明など丁寧にガイドします。

おすすめポイント③ フリープラン

サーフガイドと常に行動するトリップは思いのほか自由が効きません。

またガイド任せにしていたらいつまで経っても「自分でサーフトリップ」はできません。

サーフガイドがいないとサーフィンできない日本人サーファーがたくさんいます。
何度もバリに来ていてもです。

私はバリサーフトリップにサーフガイドは不要と考えています。

>>>サーフィンガイドはホントに必要?バリ島でのサーフガイドと日本人【不要派の意見】

でも一度経験してしまえば、なんてない事でも最初は不安があり戸惑うものです。
私がそうでした。

このプランを体験して「バリ島トリップの基本」さえ覚えれば、次からはもっと自由なプランを「自分で作る」ことが出来るようになるでしょう。

私がこのプランをおすすめするのは、これが一番の理由です。

このプランにはレンタルバイクも含まれています。
f:id:Apps:20180622140108j:plain

ホテルからマデウィビーチまではバイクで3分。

マデウィのあるプルカンという田舎町は混雑もなく、バイク初心者も不安なく運転できます。

ホテル周辺の道路
f:id:Apps:20180622141744j:plain

自分の足でバリ島サーフトリップを楽しんでみてください。

f:id:Apps:20180613123048j:plain

ホテルの紹介

中庭のある静かなテラスハウス。
f:id:Apps:20180622135058j:plain

メイン通りから奥に入った静かな環境で部屋数も少なく落ち着いた雰囲気です。
ベッドルームだけでなくリラックスできる専有エリアを各部屋に用意。
f:id:Apps:20180622135224j:plain

ガスコンロやウォーターサーバーを用意しアフターサーフも快適に過ごせます。
f:id:Apps:20180622135330j:plain

f:id:Apps:20180622140316j:plain

f:id:Apps:20180622140350j:plain

2Fからは見晴らしのいい田園風景
f:id:Apps:20180622140800j:plain
f:id:Apps:20180622140845j:plain

キレイなベットとタオル、水洗トイレ、お湯シャワー、エアコンと基本的な装備も充実。
f:id:Apps:20180622142159j:plain

朝食は手作りの日替わりメニュー。
f:id:Apps:20180622141138j:plain

のんびりアフターサーフ
f:id:Apps:20180622140851j:plain

Q&A

おすすめの航空会社はありますか?
関西空港からはガルーダ・インドネシア、成田空港からはガルーダ・インドネシア、エアアジアの直行便があります。他にも安価な経由便もあります。スカイスキャナーなどで探してみてください。
空港でのピックアップはどのような手順になりますか?
バリ島デンパサール空港の送迎エリアで、ウサまたはスタッフがお出迎え致します。車両は人数やサーフボードに合わせご準備致します。
サーフボードはレンタルできますか?
ショート〜ロングまでレンタル可能です。お希望のサイズを事前にお問い合わせください。
他に発生する費用はありますか?
昼食・夕食は含まれません。ホテル内でオーダーも可能です。またマデウィビーチやホテルから歩いていける場所にワルン(食堂)がありますのでウサが案内します。
食事の相場は?
食事だけなら200円〜たくさん食べても500円までです。ビンタン(ビール)は1本250円ぐらい。クタの相場より30%ぐらい安価です。
クレジットカードは使えますか?
現金のみとなります。ホテルは日本円OK。ワルンはルピアのみとなります。
両替はできますか
バイクで5分のペクタタンという街にATMがあります。コンビニやファーストフード店も。希望があればホテルでも両替可能です。
ホテルは何部屋ありますか?ベッドの数は?
ホテルは3部屋。ダブルベッド1室。ツイン2室となります。
ホテルでWiFiは使えますか?
WiFiが使えます。ただ通信が断続的に切れたり安定性に欠けます。シムフリースマホであれば現地SIM テルコムセルがご利用いただけます。デンパサール空港でも購入可能です(10GB 2,000円程度)
バイクの免許は必要ですか?
ビーチとホテルの往復であれば不要です。バリアンなど他のビーチに行くルートでは警察が検問をしていることがあります。国際免許で通過可能ですが賄賂を要求されることがよくあります。相場は500,000ルピア(約400円)です。
ブーツは必要ですか?
マデウィのボトムは玉石でサーファーのブーツ着用率は30%という感じです。ただ貝が石に着いている場合があります。深く足をカットするとせっかくのサーフトリップが台無しになります。できれば着用することをおすすめします。
ウェットスーツは必要ですか?
乾季の一番涼しい時期でも水温は高いためウェットまでは不要です。ただ朝イチは肌寒いこともありますのでタッパーなどを準備するのも良いでしょう。
他にはどんな有償サービスがありますか?
バリアン、レッドアイランド、G-landへの送迎も承ります。またミンピリゾート(温泉&プール)や寺院への観光ツアー、オフロードバイク アドンベンチャーツアーなどにも参加可能です。

その他、質問あればお気軽のお問い合わせください。

*****関連記事*****

>>>マデウィサポートプラン利用者さんからの嬉しいメール
>>>マデウィへの行き方 [バイクで行くバリのサーフスポット]
>>>サーフィンガイドはホントに必要?バリ島でのサーフガイドと日本人【不要派の意見】
>>>バリ島サーフトリップ 2018年6月 10日目 マデウィ 最高の波

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です