【2020/2/2〜2/28まで】バリ/ロンボク/スンバワ 3島をバイク&フェリーでサーフトリップ!

【2020年2月 バリ島編 6日目】グヌンパユンと久々のスランガン

気づけばもう6日目。

思った以上にブキット半島が遊べる(ようになった?)のですっと滞在してしまいそうになる。

でも今回のトリップはロンボクとスンバワも行ってみたいのでそろそろ移動の準備をしよう。

9時起床。どんどん起きるのが遅くなる

今日はサヌールあたりに移動しようと思うので12時にはチェックアウト。

なのに起きたら9時。

急いで朝ごはんを食べよう。

冷やしておいた黄色いスイカをシャコシャコ。これはおいしい!

ササッと用意して森の中を抜けてグヌンパユンに向かう。

今日も昨日ぐらいは波あるんじゃないかな?

10人ぐらいで混んでる気になってしまう

サイズは少し落ちてセットで胸肩ぐらい?

かなり贅沢になってきた。

ラインナップに10人ほどで混んでるなぁと思ってしまう。

それでもブレイクは散るのでサーファー間は30mぐらい開いてるし、同じ波を取り合うという感じでもない。

ただただ贅沢になっただけだ。相変わらず良い波。

潮も多いのでちょっとタルイ感じ。でもまぁ十分楽しい!

1時間ほどで3人になって波が余りまくる。

ガツガツせずのんびりサーフィン。

最高でした。

そろそろ時間かな?と思い上がる。

スマホを見てビックリ!11:55!!チェックアウト12:00なのにまだビショビショでビーチにいるw

まぁ結構アバウトなので1時間ぐらい遅れても大丈夫なんだけどね。

一応急いで帰ってフロントに、すぐチェックアウトするね と伝えてパッキングする。

次のホテルへ移動。高速道路でやらかす

少し遅れて12:30にチェックアウト。

ホテルのロビーで次のホテルを探す。

今日の午後からはスランガンに入りたいので、その付近で探す。

そして安定のRedDoorz.

ヌサドゥアからデンパサールなので海上高速道路を通るルートで行ってみる。

高速道路はバイクと車で分けられている。

左の側道がバイク専用。

ちょっと進むと料金所。

なんか前の人はカードをタッチして通ってる。

あれ?人もいないし。。。もしかしてココ、現金じゃ通れない感じ??

やってもうた!!!

後ろのおっちゃんに現金で通れないの?と聞くとカードのみだと、、、

うわぁ。。。なんで俺調べてなかったんだろ。

2016年に初めてバリに来てガイドさんの車で通ったときは現金で払ってたので行けるもんだと思いこんでた。

あたふたしてると、後ろのおっちゃんがカードを貸してくれた!

タッチしてゲートを通ってカードを返す。

出てくるのを待って現金で返そうとすると「いらないよ」とジェスチャーして走っていった。

申し訳ないなぁ。また助けてもらちゃったよ。

なにかで誰かに恩返ししよう。

後で調べると電子マネー(E-money)カードをコンビニで買って事前にチャージしておくらしい。カードは25,000ルピア(約200円)らしい。チャージはATMやコンビニでできる。

そういえばATMでE-moneyの表記あったわ。

高速料金は4,000Rp(36円)らしい。

今度は準備しておこう。

スポンサーリンク

ホテルに到着&Gojekで昼食注文

地図で見たつもりだったけど思ったより海から遠いホテルに到着。

ほとんどサーファーは泊まらないだろうなココ。

ここも冷蔵庫がある。

もうこの価格帯では冷蔵庫付いてるのがスタンダードなのかな??

すごく嬉しい。

もう2時。あまり時間もないので食事を配達してもらう。

バリに来て初のKFC。YAKINIKU RiceとポテトのL。

焼き肉って名前だけど思いっきりフライドチキンやんけ。

そして写真だと分かりづらいけどポテトLがめっちゃ小さい。日本のMサイズよりちょい大きいぐらい。22,000ルピア(約180円)と激高なのに。

配達料込みで69,500ルピア(約560円)とやはりKFCは高級品。

ササッと食べて海に向かう

ボートは最低2人から

スランガンは2年ぐらい前からバイクではいけなくなっている。

スランガン村の一番奥のビーチにボート乗り場があった。

バイクを止めて船を探していると「久しぶり!」との声。

2年前のビーチ前のワルンで売り子をしていたおばさんが声をかけてくれた。

よく覚えててくれたな〜!4〜5回しか行ってないのに。

まぁ欲しいものは何一つ無いのでお茶を濁してサーフィンに向かう。

ボート代金は100,000ルピア(約800円)で海上待機との情報だった。

でも実際は2名からなので1人だと200,000ルピアとのこと。

くっそ高いのでどうしようかと思っていると、ちょうど白人サーファーが来たので同乗で行く。

これで100,000ルピア(約800円)。助かった。

極小のスランガンに闇を感じる

波は、、、、ぜんぜんない。

セット腰?

思った以上になかった。完全に外したなこれ。

このトリップで一番悪い波。

グヌンパユンにしとけばよかった。。。

しかしこんな波にも関わらず日本人がそれはそれは大量にいる。

波といい込み具合といい「ココは日本か?」という感じ。

30人ぐらいか?それと日本人へのガイドが5人ほど。


いやこれ絶対スランガンはハズレだろ。

その証拠にノーガイドのサーファーは全くと言っていいほどいないじゃねぇか。

ガイド付きの日本人と中国人しかいない海。

ヌサドゥア、グリーンボール、パンダワ、グヌンパユンあたりに連れて行くべきじゃないのか?

ガイドはその時々で最高の波に乗せるのが仕事じゃないのか?と思う。

でも、まぁ今ならわかるんだよな。。。

ガイドはボートに乗せるとキャッシュバックがもらえる。

だからボートに乗るエアポートやスランガンにつれて行きたがるんだよね。

「エアポートやスランガンは日本人に人気のポイント」と言われるけど実際は「ガイドにも人気」なんだよ。

バイクや車で行けたスランガンにもわざわざサヌールからボートで行ったもんな。

あれキャシュバック狙いだわ。

確かに日本人向きのイージーな波というのもあるんだろうけど。

みんなそれなりに楽しそうにしてるから良いんだけどさ。

ガイドに任せず自分で動くのもいいと思うよ。

でもそうは言ってもガイドなしとかバイクでのトリップって不安だよね。

自分もそうだったし。

そんな人のためにバイクトリップを少し手助けするサポートプランをこのブログでは紹介しています。

ぜひ見てみてください。

>>>【ガイドなしバイクトリップ初心者向け】マデウィサポートプランはコチラ

スコールのなかホテルへ帰る

夕暮れ近くなってガイド付き日本人が1グループ、1グループと減っていく。ちょうどセットも入るようになって最後の30分は遊べた。

最後の1グループになるまで入っていたので船が港につく頃にはもう真っ暗になっていた。

でもこの暗さは夕暮れだけじゃなくてスコール前の暗さ!

真っ黒な雲と雷が近づいてくる。

急いで帰らなきゃ!!と思ってたら売り子おばさん二人が登場。

待っててくれてたんかw

まじかぁ。。。3時間近く待っててくれてたのか。。。しゃぁない。なんか買うよ。

スコールも降り出したのであわてて商品を選ぶ。ほんと何でもいい。何一ついらないけど形式上、物を買うって形にしないとね。

物乞いじゃなくて仕事だもんね。

二人から1個ずつ。2つで50,000ルピア(約400円)でいいだろ?って言ったら一人50,000ルピアよこせとw

強欲すぎるだろwww

お情けで買うのそっちもわかってんだろw遠慮しろww

それ仕入れ20円ぐらいだろww

財布にはあと10,000ルピア札が2枚しかなかったので、まぁいいかとそれも全部渡そうとしたら1枚だけ返してくれたwww

何だよその親切心www

雨降ってるから気をつけてね、 と港をあとにする。

なんだかんだで覚えててくれたのがちょっと嬉しかったんだろうな。

ちょっと気分がいい。

でも雨の中バイクで走っているときにふと、はじめて会ったときも「久しぶり」と声をかけられて「ココ来たのはじめてなのに適当なこと言ってるなぁ」と思ったのを思い出した。。。

ん?うまくやられたか?まぁいいかwww

恩返しだw

夜もGojek。明日はフェリー

ホテルに帰って雨で冷えた体をシャワーで温める。

まだちょっと降ってるので買い出しや外食に行くのはキツい。

ということでまたGojekでフードの取り寄せ。

ACKのチキンセットとアイスクリーム。

33,500ルピア(約270円)だったけど50,000ルピア渡しておいた。細かいのなかったし。

雨の中、カッパ着て持ってきてくれてありがとう。


明日はもうサーフィンせずにロンボクに向かおうかな?

ヌサドゥアに戻ってサーフィンするのも負けた気がするしスランガンは無駄にお金かかるしねw

明日に続きます。
>>>翌日はフェリーを使ってロンボク島へ初上陸!

>>>バリ島編1日目はこちら
>>>ロンボク島編1日目はこちら
>>>スンバワ島編1日目はこちら

>>>Yoyo’sへ行きたい!をお手伝いするサポートプラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です