バリ島サーフトリップ 2018年6月 7日目 雨のバリアン

2018/6/11

朝4時起床。

早すぎるでしょ?
うるさくて目が覚めたのよ。

雨の音が。

f:id:Apps:20180611210354j:plain

うわぁ最悪のタイミングだわ。

バリアンの雨はヤバイ。
サメが出るから。

バリアンはココ数年サメによる被害が報告されている。
そんな日はだいたい、「雨で水が濁っている」+「早朝または夕方の薄暗い時間」とのこと。

>>>バリアンで必須のサメ対策グッズ

「雨のあとは絶対に入らないほうがいい」とワルンのオジサンも忠告してくれてたこともある。

どうしようかなぁ。



バリの予報

天気予報見てなかったの?と言われそうだけど見てたのよ。
でもこの1週間ずっと雨の予報なのに全く降ってなかった。

全然予報があてにならないんだよね。
乾季でもスコール的に降ったりするけど。

サーフィンの波予報もあんまりあてにならないな。
潮の満ち引きとかでも変わるし、30分ぐらいでガラッと変わることもよくある。

そう言えば初めてのバリでガイドさんを付けたとき
「明日は波どうかな?」と聞いても「わかんない」と。

次の日も聞いたら「わかんないよ。神様じゃないんだから」って困り顔で言われたなぁ。

いまなら分かるんだけどホントに「わからないん」だね。
しかも、そもそもあまり気にしていない

どうも日本人は予報や予測を立てて事前に準備したりすることが当たり前になってる。

でもバリ人?インドネシア人?は良く言えば大らか。
悪く言えば行き当たりばったり。

レンタルバイク屋の奥さんも言ってたなぁ。

水道のポンプから異音がする!壊れそうだから修理屋呼んで!ってバリニーズの旦那さんに何回も言ったって。

でも「そうだね〜」「わかった」というだけでちっとも実行しない。

で、実際壊れてから「困ったね〜」って。
困ったじゃねぇよ!って切れたってww

「インドネシア人みんなそんな感じよ」って愚痴ってたな。

毎日同じような生活をしていると曜日や日付の感覚無くなってくるもんね。
1年を通して雨季と乾季しかないのんびりだと、「明日への興味」が薄れるかもしれないね。

雨がやんだのでポイントチェック

眠いけど微妙に眠れずベッドでウダウダ。
明るくなってきた頃、雨はやんできた。

7時半になったのでポイントチェック行く。

f:id:Apps:20180611210456j:plain

普通にみんな入ってる。
というか水も濁っていない。
雨は短時間だったのかな?

遥か彼方のアウトから割れている。
結構サイズがあるのかもしれない。

f:id:Apps:20180611211909j:plain

ホテルに戻って準備しよう。

オーバーヘッド

これまでのポイントと違いバリアンはメローな波質。
浮力のあるボードやロング、体重100キロをゆうに越えていそうな巨漢もサーフィンをしている。

サイズは十分ありテイクオフはかなりの迫力。
ゆっくりなので余裕はあるんだけどね。

たまに入ってくる張った波を捕まえればカットバックでつなぎながら100m以上のロングライド!
超楽しい。

やっぱり自分にはブキット半島は早かった。

f:id:Apps:20180611210641j:plain

サイズが大きめのバリアンはカレントがある。
河口のサーフポイントなので横への流れ。

アウト側はインサイドへの流れもあるかな。
f:id:Apps:20180611211006j:plain

めちゃくちゃ早いというわけで無いけどピークに向かってずっとパドルする必要があり結構疲れる。
しかも1本乗れると戻る距離も長い。

夕方は風が入るかもしれないので長めに入る。

左肘の調子もいい。
痛くなるまでの時間が伸びてきた。

筋力もかなり戻ってきてパドルも早くなってきたような気がする。

2時間近く入ってヘロヘロになってホテルに。

いや〜いい波だった。

バリアンは割れるポイントが散るので混雑も少ない。
そもそもヒトも少ないしね。

楽しかった。

お昼は昨日買っていたバナナとナタデココ。
バックパッカーのブログにバナナは裏切らないって格言があったなぁ。
このバナナもうまい。

ナタデココには、なんだ?カエルのたまご的な?
タピオカにしてはやたら小さいし。
f:id:Apps:20180611211225j:plain

どうやらバジルシード(basil seed)というものらしい。
スーパーフードとして売り出されてるみたいね。

プニプニしてて美味しい。

早起きだったので仮眠をとる。
起きると15時だった。

波チェックに行こう。

サイズダウン

タイドは0.6mのド干潮。
f:id:Apps:20180611212417j:plain

やはりサイドオンの風が入ってる。
でもサーフィンできないほどじゃない。

16:30頃の上潮を狙おう。
ホテルに戻ってまったり準備する。

更に乗りやすく

まだ疲れが取れてない。あんまり長時間はできないだろう。

面が荒れているかと思いきや全然大丈夫。
むしろ潮が引いて割れやすくなっているので朝よりテイクオフが楽。

f:id:Apps:20180611220144j:plain

入ってすぐに数本のる。
1本1本がロングライドなので戻るだけで体力が削られる。

でもだいぶ腕が回るようになってきた。

パドル力もだいたい戻った感じ。

ポンポン乗れて楽しいサーフィン。

でもさらに数本のってエネルギー切れで終わる。
時間にして1時間弱。

もったいないけどもう無理。
腹も減ったのでホテルに戻る。

サーフィンを見ながらカレー

夜ご飯はサーフポイントの見えるワルンへ。
f:id:Apps:20180611213123j:plain

今日はまともなものを食べてないから魚でも食べようか。
でも残念ながら品切れらしい。

ガッツリ行きたいのでカレーにする。

バリでカレーといえばこんな感じのスープカレーがよく出てくる。
f:id:Apps:20180611213059j:plain

全然辛くなくてココナッツミルクが強い感じ。
もっと辛くても良かったかな。

スリランカ旅行でカレー漬けの毎日だったから辛さ耐性が大幅にアップしてる。

>>>【スリランカ観光旅行】トゥクトゥクで600Kmの旅

人参、じゃがいも、いんげん、ほうれん草、ブロッコリー、きくらげが入ったチキンカレー。
美味しゅうございました。

チキンカレー+ご飯+水で47,000ルピア(約380円)

明日はマデウィ

明日はマデウィへの移動日。
朝イチでバリアンに入ってから午後から移動しよう。

雨が降らないといいな。

というか気づけばもう1週間かぁ。
3分の1が終わっちゃったよ。

やっと体が出来てきた。

前回もバリアンは面白かったけどマデウィはもっと面白かった。

楽しみだ。

Tシャツかわされるけどね。

>>>マデウィへの行き方 [バイクで行くバリのサーフスポット]

買っちゃえば2週間ぐらいいても何も言われないので長期滞在だとあまり気にならない。

今回は4日ほど滞在してからジャワ本島に渡ってレッドアイランドに行く。

>>>バリ島から行ける穴場サーフスポット【レッドアイランド】について

また戻って同じぐらい滞在するかな。

マデウィぐらいから記事を書くことがなくなっていく。
朝サーフィン➡ワルンでご飯➡夕方サーフィン➡晩ごはん

これを永遠繰り返すだけかだらw

まぁポチポチ書いていこう。

翌日はマデウィ。相変わらずすばらしい波。

>>>バリ島サーフトリップ 2018年6月 8日目 バリアンとマデウィ

>>>2018年6月 バリ島 サーフトリップまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です