【毎日更新中】2019/7/19から メンタワイ テレスコープ サーフトリップ中!

バリ島サーフトリップ 2018年6月 6日目 ウルワツとバリアンへの移動

2018/6/10

6時半起床。

今日はバリアンへの移動日でホテルのチェックアウトは12時。
肘も痛くないし朝からサーフィンに行こう。

今回のバリトリップで行きたかったウルワツにしよう。
昨日で大会も終わってるしね。

はじめてのウルワツ。
ちょっとビビってます。



ウルワツ初入水

昨日は入れなかったとこへバイクが置ける。
f:id:Apps:20180610190416j:plain

波はあるけど人が多い。
f:id:Apps:20180610190504j:plain

大会を観戦したワルンへ荷物を預けてさっそく崖を下る。
f:id:Apps:20180610190439j:plain

一番大きな岩の割れ目からゲットするのかと思いきや、左の岩場から出で行くサーファーがいる。
f:id:Apps:20180610190729j:plain
もちろんついていく。

マジか、こんなとこ抜けるの?!
ザッパンザッパン波が打ち寄せる岩場を抜けてアウトへ。

しかもカレントが凄い。
どんどん右に流せれる。

でもみんな流されるのできっと大丈夫なんだろうとは思う。
けどものすごく怖い。

カレントは強いけど波をくらことなくアウトにでれた。

アウトは逆に左へのカレントがあるので楽にピークに出られる。
f:id:Apps:20180610193815j:plain
一本乗ったらまたカレントに乗って戻ってくるという感じで意外と楽だった。

コンスタントに頭サイズが入ってくる。
セットは更にデカイのが入る。
f:id:Apps:20180610191229j:plain

人が多くなかなか乗れないけどそれなりに楽しめる。
というかロケーションが凄い。

f:id:Apps:20180610191129j:plain

「あぁ異国でサーフィンしてるんだなぁ」としみじみ感じる。

少し肘も痛くなってきたので1時間ちょっとで上がる。
インサイドのカレントに合わせてかなり右を狙って洞窟に近づく。

失敗すると大回りで再チャレンジになるので一発で帰りたい。

無事洞窟にたどり着いてホッと一息。
ワルンに戻ってスイカのフレッシュジュースとビーフバーガーをいただく。
f:id:Apps:20180610191351j:plain
おぉ、ワルンのバーガーにしてはうまい。

水、バーガー、フレッシュジュースで78,000ルピア(約630円)
もう少しマッタリりしたいけど11時過ぎになったのでホテルに戻ろう。

バリアンへ移動

ホテルに戻ってシャワーを浴びてから荷造り。
12時過ぎにチェックアウト。

バリアンまでは約60キロ。GoogleMapでは2時間ぐらいの旅程。
f:id:Apps:20180610192414p:plain

バイクに荷物を積み込んで出発。
いつもだいたいこんな感じ。
f:id:Apps:20180610192453j:plain

バックパックは背負うと暑いのでボードとシートの間に置いている。
f:id:Apps:20180610192505j:plain
重心が左にずれるのでずっと傾いて走る感じでちょっと乗りづらい。

ジンバラン良かったなぁ。
クタほどゴミゴミしていなけどお店も多いしサーフポイントも豊富。

次は初日のホテルをジンバランにしてもいいかもしれない。
有効期限5年の免許があるから次からは初日から自由だしね。

>>>【レンタルバイク】バリ島でバイクの免許を観光客が取ってみる

30キロ、1時間ほど走ったところ休憩。
この区間はずっと両サイドに店や家屋が並ぶルート。
それなりに緊張感を持って運転しなきゃなので疲れるまえにお店に入った。

DUNKIN DONUTSというドーナツ屋さん。
従業員がパッと見ただけで7人いる。客俺しかいねぇのに。

f:id:Apps:20180610192708j:plain

ヒトそんなにいらねぇだろうと思うけど後進国はどこもこんな感じだよね。
給料は安いんだろうけど楽そうだ。
日本のワープアもこんな感じならいいのにね。

お腹は空いていないのでドリンクだけ注文。
ちなみに出てくるまで10分近くかかった。
何をしてたらそんなに時間がかかるんだろうか?
いやいいんだけどさ。

f:id:Apps:20180610192719j:plain

くっそ甘い。でもウマい。
380ルピア(約310円)。

ちなみにドーナツは120円ぐらいだった。
意外と高いね。
日本のミスドより一回り大きかったけどね
でも値段はあんまり変わんない。

というか日本が安いのか。。。ドンドン後進国に追いつかれている、というか後進国化していってるな。

まぁそれでも日本に生まれただけでSSR引いたようなもんなんだけどね。
このラッキーに感謝しなきゃな。

1時間ほどダラダラして再出発。
バイクにキーつけっぱなしだった。
あぶねぇよ。

ココから先はホントの田舎道。
交通量は多いけど道路の両サイドには田園が広がる。
比較的気持ちよく走れる快走ルート。

約40分ほどでバリアンに到着。
丘の上から波チェックするも風が噛んで波はいまいち。
f:id:Apps:20180610192812j:plain

まぁ贅沢になってるだけで十分サーフィンできる波だけどね。
f:id:Apps:20180610192827j:plain

バリアンはだいたい午後から風が入るので朝10時ぐらいまでが勝負。
明日に期待しよう。

ホテルは前回も泊まったBalian Paradise Resort。
歩いてサーフポイントに行ける便利な立地。
f:id:Apps:20180610192924j:plain

久々にまともなWiFi環境。
スマホのアプリ更新が一気に進む。
29件も更新してるので1時間以上かかってるな。

おしゃれなカフェやワルンも周辺に数件ある。
というかそれ以外なにもない。
コンビニも歩いていけるようなところにはない。

牛はいる。
めっちゃ目が合った
f:id:Apps:20180610193012j:plain

クタやジンバラン、チャングーなんかに比べると恐ろしく不便。
自分はお酒も飲まないし夜も出歩かないので全然OKなんだけどね。
むしろ静かでいいぐらい。

多分日本人は殆ど泊まってないんじゃないかな。
日本人はガイドさんを付けるからクタから日帰りで来ることがほとんどらしい。

>>>サーフィンガイドはホントに必要?バリ島でのサーフガイドと日本人【不要派の意見】

19時ぐらいにお腹が空いたので歩いてワルンへ。
今回初めて歩いての移動だな。

ワルン到着。
f:id:Apps:20180610211616j:plain

ワルンでネトゲしてる人がいる。
波チェックに行ったときには居たから3時間以上?
f:id:Apps:20180610211342j:plain

そんなにお腹が減ってないので軽めにしよう。
ピザにしようかな。

ミドルサイズオンリーと書いてるけどどんな大きさだろう。
店員さんに聞くと「スモールとラージの間です」とのこと。

うん。それはわかってる。
そういうことじゃない。

とりあえずマルゲリータと炭酸水を頼む。
f:id:Apps:20180610211600j:plain

美味しくはないけど不味くもない。
さすがに石窯ピザ的なのは無理らしい。
68,000ルピア(約550円)

今日はちょっと贅沢しすぎたな。
もうちょっと節制しよう。

明日は朝からサーフィン

明日の風が入る前に朝イチでバリアンに入ろう。

バリアンは満潮のほうが波がいいらしい。
朝は上潮でちょうどいい。

今日は夕方入ってないのでブログも書き上がるのが早かった。
少し早めに寝よう。

翌日はバリアン!本格的にサーフトリップらしくなってくる。

>>>バリ島サーフトリップ 2018年6月 7日目 雨のバリアン

>>>2018年6月 バリ島 サーフトリップまとめ
>>>バリ島・ロテ島・G-Land サーフトリップまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です