【毎日更新中】2019/7/19から メンタワイ テレスコープ サーフトリップ中!

天国ですか?G-Land タイガートラックスで貸し切りサーフィン!【G-Land グラジガン サーフトリップ 4日目】

2019/07/12〜30。G-Land&グラジガン&メンタワイサーフトリップの記録です。

>>>前半のG-Land&グラジガン サーフトリップ記事一覧
>>>後半のメンタワイ テレスコープ サーフトリップ記事一覧

>>>G-Landへの格安サーフトリッププランが出来ました!!


昨日の夜、ヤントゥに紹介してもらったサーフガイドのチップさんが事前に挨拶に来てくれた。

なんとチップさんは日本語が喋れる!!

こんな地の果てみたいな場所(失礼)で日本語が喋れる人がいるとは。

7年前にクタのコンビニに3年間ほど出稼ぎに行っており、日本人客が多かったので興味を持って勉強したらしい。

こっちに戻って4年はほとんど日本語をしゃべることが無かったと言うが結構うまかった。

というかマデウィのホテルオーナーより全然うまいw

G-Landへは車でも行けるらしく、その提案に来てくれた。

一人だと車のほうが安いのだという。

そもそも車で行けるとは思っていなかったので新たな情報で興味深い。

とりあえず明日は車でG-Landに行くことにする。

朝6時に迎えに来ますと行って帰っていった。

G-Landに出発!

翌朝6時ちょっと前に出発。

グラジガンビーチからG-Landまでは1時間ほど。

微妙に狭い道を国立公園に向かって走っていく。

国立公園の入り口ゲート登場。

此処から先は入場料金が発生する。

外国人は150,000ルピア(1,200円)ただし土日は225000円(1,800円)に値上がりする。

本来はチップさんも有料だがタダでOKだった。

自動車10,000ルピアと外国人150,000ルピアの合計160,000ルピア(約1,300円)を払って入場。

背の高い木々の間を通り抜けて奥に進む。

ここはヒンドゥー教の古いお寺があるらしくニュピのになるとバリからたくさんお参りに来るらしい。

そういえばいつもバリでのレンタルバイクでお世話になっているプトゥさんユキさん夫妻もココに来ると言っていた。

奥に進んでいくと第1のサーフポイントが!

ほぼ誰もサーフィンしないシークレットだとか。

これでも十分遊べそうな波で一瞬ココで入る?って思ったぐらい。

ポイントの名前はTRIANGGULASI

外国人が来ないので英名がついていない。

さらに奥に進んでいくと第2ゲートに到着。

ここから先は一般車は立入禁止。

国立公園内専用の車でG-Landへ送ってもらうことになる。

ワルンがあるので朝食をとっておき、お昼代わりのオヤツや水も買っておく。

好きなものを選んでワンプレートにするナシチャンプルー。

ご飯に入ってる黄色いのは とうもろこしかな?

ドアを開くのにコツが必要なボロボロな4輪駆動車にサーフボードや荷物をのせる。

料金は一人500,000ルピア(4,000円)と驚くほど高い。

2人以上だと船のほうが安くなるんだな。

なおココでもローカルのチップさんは無料だった。

黒煙を吹き出しながら出発!

秘境感が半端ない!

メチャクチャテンション上がるwww

無人のタイガートラックス

しばらく走ってタイガートラックス(Tiger Tracks)に到着。

その名の通りたまにトラが出るらしい(;´Д`)

獣道みたいなのを抜けてビーチへ

誰もいない白いビーチと素晴らしいブレイクが!!

タイガートラックは1と2があってココは2。

レギュラーとグーフィーのAフレーム。

左にはグーフィーがもう1箇所。

右の方にタイガートラックス1があって、そこはグーフィーのみ。

ハイタイド〜ミドルタイドが良いらしい。

ロータイドは危険。特にレギュラーはドカッポレの激浅らしい。

とりあえず入る。

ただチップさんは荷物の番としてビーチに残ることに。

猿がウヨウヨいてるので荷物を持っていかれそうだったから。

貸し切りサーフィン。最高です。

もうね。

ありえなくない?

こんな波を貸し切りとか。

まずライトに入る。

テイクオフは少し掘れるがさほど張ってこないのでとりあえず降りちゃえばなんとかなるタイプの波。

波数も多いし貸し切りだしですぐヘロヘロになるぐらい乗れる。

少し右とアウトに流れるカレントあるけど、さほど強くないのでポジションキープは楽。

1時間半ぐらいはホントに貸し切り。

白人の親子が入ってきたので入れ替わりで一旦上がってチップさんと変わる。

水温がめちゃくちゃ低くて寒いのに裸で入っていった。

と思ったら30分ぐらいでスグ上がってきた。

寒すぎて無理だったらしいw

ただ単にラッシュやタッパーを持ってくるのを忘れただけだったww

その後に白人のカップル入水。

こちらの男性は普通に裸でずっとサーフィンしていた。

白人の季節感のなさは異常。

チップさんと交代して再度海へ。

今度はAフレームのグーフィーに入る。

レギュラーには4人いるしね。

グーフィーならまた貸し切りです。

もうかなり疲れて腕も回らなくなってくるが楽なポジションからテイクオフできるので意外と乗れる。

貸し切りって素晴らしい。

なんだかんだで4時間もサーフィン。

干潮に近づき危なくなってきたので本日は終了。

最高すぎでしょコレ。

スポンサーリンク

他のポイントチェック

このあとドライバーにお願いして他のサーフポイントとサーフキャンプの見学に連れて行ってもらった。

20/20’s

でも今日は波が小さくぎてダメ。

他がクローズorヤバイぐらいの時ちょうどいいらしい。

G-Landというポイント。

ここもメチャクチャデカイときだけ出来るポイントらしい。

国立公園内に3つだけあるサーフキャンプの一つ JOYO’S

一番安いらしい。

JOYO’Sからはチキンというポイントが見える。

今日は小さい。

でもグリグリに巻いてる。無理。死ぬ。

岩棚の奥にはいちばん有名なスピーディーズ。

ヤバイ、死ぬ。ほんとに死ぬ。

かなりウマいチップさんも4回しか入ったことないしめっちゃ怖いらしい。

白人が頭から落ちて岩にぶつけて頭の皮膚がベロっとめくれてヘリコプターでクタの病院に運ばれていった現場を見たという。。。

他にもキレイなビーチやサーフポイントにたくさん連れて行ってくれた。

サービス満点でした。

ご飯を食べてホテルへ

小腹が減っていたのでオススメのお店ない?と聞いたら美味しいバクソ屋さんがあるとのこと。

バクソで美味しいっていってもなぁと思いながらもオススメならと行ってみる。

これがもうびっくりするぐらい美味しい!

バクソでこんない美味しいなんて!しかも12,000ルピア(約100円)と激安。

牛の骨のスープも絶品でした。

明日の朝食&オヤツにバナナを買ってホテルに向かう。

イカンバカールでフィニッシュ

ホテルオーナーのヤントゥに昨日お願いしていたイカンバカール(魚のBBQ)

ホテルに着いたらさっそく始めてくれた。

せっかくなのでチップさんも一緒に食べようと誘う。

この調味料がやたらとウマい。

何で出来てるんだろうか。

30分ほどで完成!

メッチャウマい!!

味替えで甘辛いサンバルをつけるとご飯がガンガン進む!

美味しく頂いて今日は解散。

ほんと楽しい一日だった。。。

G-Land最高でしょ。

思い描いてたのとはちょっと違ったけど、それを大きく上回る満足感だった。

明日は船を使って再度G-Landに行く。

サイズアップ予報が出てるけどどうかな?

翌日に続きます。

>>>翌日も貸し切り!20/20’sで貸し切りサーフィン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です