2019年5月〜6月 30日間バリ島トリップの記録

マデウィの食事処。安心して行けるワルンやカフェを紹介【27日目 バリ島サーフトリップ2019】

2019/5/11〜6/9の30日間 バリ・ロテ・G-land サーフトリップの記録です。

>>>トリップ1日目はこちら
>>>ロテ島編の初日はこちら
>>>バリ島-ロテ島-G-Land サーフトリップのすべての記事
>>>前回のバリ島&ジャワ島レッドアイランドの記事はこちら

昨日は変な時間に7時間も仮眠してしまい寝付いたのが朝4時。

再度起きたら8時過ぎ。

もうグダグダである。

早速マデウィに向かう。

予報よりは小さくコシハラ程度か。

メインは混雑しているのでライトをチェック。

ちょうど2グループ 計10人ぐらいが入ろうとしている。

こりゃダメだ。

メインの左奥が空いているのでそちらに入る。

基本的にはショートライドのセット腹程度。

たまに切れた波も入りロングボードだとそこそこロングライド出来ている。

1時間ぐらいで潮が上げすぎて割れづらくなってコンディションを落ちてくる。

まぁ悪くなったと言ってもバリ基準の話で日本なら余裕で入ってるんだけどね。

バリにいると贅沢になります。

明日こそ朝イチのいいときに入るようにしよう。

マデウィ サーフポイント周辺のワルン・カフェ・レストラン

JFC

Jaya Fried Chicken。略してJFCと潔いパクりっぷりのフライドチキン屋。

去年までマデウィにはフライドチキン屋は無かったので嬉しい。

ローカルKFCより2〜3割安い感じ。

チキン+お茶(砂糖入り)のセットで100円以下から食べられる。

数あるパクりフライドチキン屋と同じくバーガーが美味しくない。

ソーセージはなかなかうまい。

チキンナゲットは魚のすり身揚げみたいな食感。

なおチキンとナシ(ご飯)以外を注文するとやたら時間がかかる。

美味しくて安くてキレイで安心して入れるお店。

なおハエはブンブン飛んでるけど気にしたら負け。

Kedai Jukung(ケダイ ジュクン)

こちらも最近できたピザ屋さん。

特にピザがオイシイ!というわけではないがコスパ的に超オススメ。

結構大きいMサイズのピザで40,000ルピア(約320円)

ただしおそらく冷凍食品を焼いただけ。

丸大のピザっぽい味。

ふつうに美味しいスムージーで10,000ルピア(約80円)

ホテルのカフェだと下手すれば水すら飲めないお値段。

多分値段を2倍にしてもお客さん入ると思う。

ここはリピしたいんだけどレバラン中で休業してて再訪できていない。

ビーチ前のワルン

今回のトリップでは一度も行ってないがそこそこの値段でローカルフードを食べられる良いワルン。

前回のトリップはほぼ毎食このワルン。

>>>2018年バリ島サーフトリップ マデウィ編はこちら

メニューのメイン料理の8割ぐらいは制覇してるはず。

これで35,000ルピア(約280円)は安すぎでは?

なおワルンに続く通路の柱にサーフィン系YouTuberのAbility Surfさんのステッカーが張っているのを発見。何故か嬉しくなるw

このワルンはサーファー向けの海の家ワルンにしては食事が豊富。

メインの食事処としても優秀!サーフィン見ながら食事できるしね。

Medewi Beach Inn Cafe(マデウィ ビーチ イン カフェ)

マデウィビーチと幹線道路の間にあるホテルに併設されたカフェ。

後ほど出てくる高級ホテルと違いスタンダードな価格帯なのでカフェの値段もソレに準拠。

海の家ワルンの1.5倍程度かな?

ついでにホテルの共用部分も見せてもらったが綺麗な感じ。

プールの水質も良さそう。

全くお腹が空いていなかったのでアイスクリームだけ注文。

12,000ルピア(約100円)

WiFi無料で落ち着ける空間だったので長居するのに良さそう。

Mai Malu(マイ マル)

メインの幹線道路からマデウィビーチに入ってすぐのカフェ。

2Fのオープンスペースは風が通って気持ちいい。

価格帯はビーチ前ワルンの1.5倍程度。

ワッフルと頼むと中途半端な感じのヤツが出てきた。

こちらもWiFiが無料なので長居するにはいいのかも。

ボンボラ & ウマデウィ

どちらもビーチのすぐ横に位置する高級ホテル。

だいたい1泊1万円ぐらいとマデウィにしては超高級リゾート。

一度中に入らせてもらったがメチャクチャ綺麗でした。

なおレストランはナシゴレン600円とか意味のわからない値段がついているので近づけない。

明日は朝イチ

もうサーフィンできるのもあと2日。

ホントに終わりに近づいてきた。

明日こそは朝イチのいいときに入るようにしよう。

今日は早く寝ます。

>>>翌日は最後のマデウィとバビアッサム!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です