2019年5月11〜 バリ島トリップ リアルタイム更新

【49歳以下なら格安】海外旅行保険「t@bihoたびほ」がサーフトリップにも最適!

一年ぶりのバリ島サーフトリップ。

サーフィンだけでも怪我がつきものなのにレンタルバイクにも乗るので海外旅行保険は必須です。

>>>2018年6月 バリ島 サーフトリップまとめ

クレジットカードにも海外旅行保険は付帯してるんだけどね。
念の為個別にも加入してます。

でも今回はやたらと高いような気が。。。
たしか前回は2週間ちょいで5,000円ぐらいだったのに、今回は1万円オーバー。。。

調べてみるとどうやら2018年からかなり値上げになったらしい。

損害保険各社が海外旅行中のけがや病気、事故に備える個人向け海外旅行保険の保険料を引き上げている。保険期間が短い商品を値下げする一方で長期を値上げする会社が多く、損害保険ジャパン日本興亜は平均26%の引き上げとなる。新興国などの治療費高騰や円安で保険金支払額が膨らんでいるのが要因だ。

海外旅行保険 値上げ 損保各社、治療費高騰や円安で :日本経済新聞

大体2〜3週間はサーフトリップするのでこの値上げはイタイ

改めて調べまくったら「t@bihoたびほ」の保険料が安かった
【公式】海外旅行保険・留学保険《t@bihoたびほ》



保険料金はどれぐらい上がったのか実績を比較

2017年4月のサーフトリップ。そして今回2018年6月のサーフトリップで比較してみよう。

いつも入っているのは損保ジャパンの海外旅行保険「新・海外旅行保険OFF」
新・海外旅行保険【off!(オフ)】 | 損保ジャパン日本興亜

数年前に調べたら最安だったので、ずっとこの保険に入っていた。

保険条件

傷害死亡・後遺障害 ¥0.
治療費用 ¥20,000,000.
疾病死亡 ¥0.
賠償責任 ¥100,000,000.
携行品損害 ¥0.
救援者費用 ¥20,000,000.
航空機寄託手荷物遅延等費用 ¥0

クレカの死亡保険や別途生命保険も加入してるので海外旅行保険は極端な組み合わせ。

といっても保険料の80%は治療費用分。
しかも最低の500万円 ➡ 最高の2000万円にしても10%ぐらいしか変わらない。

バイクを運転するから賠償責任も多くとっている。
バリの田舎の方だと死亡事故の示談金が30万円とかいう噂もあるけど念の為にね。
保険料は100円以下だし。

保険料金

去年の実績
2017/04/10〜2017/04/26 17日間 4,380円

今年同条件で見積り
2018/06/05〜2018/06/21 17日間 6,780円

マジか!!やっぱり1.5倍以上になってるじゃねぇか!!!

でも実際はもっと値上げされてた。

日数を伸ばすと更に高価格に

実際は6/5〜25日の21日間で¥11,500だった。
あれ?めちゃくちゃ高くない?

日数は17日間➡21日間なので1.24倍。

保険料もの1.24倍の8,375円かと思いきや余裕の1万円超え。

なんと1.7倍。

たった4日増えるだけで1.7倍に。。。どんな計算なの?
f:id:Apps:20180707224842j:plain

値上げ前から比べるとなんと2倍以上\(^o^)/

試しに14日〜18日間の同条件で基本プラン料金を比較してみた。

14日:6,480円
15日:6,960円(480円↑)
16日:7,320円(360円↑)
17日:8,530円(1,210円↑)
18日:10,040円(1,510円↑)

いやいやいや。おかしいやん。
1日あたりの加算額おかしいでしょ。
f:id:Apps:20180707230642p:plain
そりゃめっちゃ高くなるわ。

ちょっと期間が長めの保険は猛烈に値上げになってる。
もっと本腰入れて安い海外旅行保険探さなきゃね。

ってことで改めて調べたらお得な保険があった。

それが「t@bihoたびほ」
【公式】海外旅行保険・留学保険《t@bihoたびほ》

「t@bihoたびほ」の特徴

一番の特徴は「年齢別リスク細分型保険」

一般の保険では一律になっている年齢で分類することにより49歳以下が特にお得になっている。
f:id:Apps:20180708113618p:plain
海外旅行保険t@bihoたびほ | 保険の特長 | 保険料

「新・海外旅行保険OFF」との保険料比較

「t@bihoたびほ」の基本プランと同等のプランを「新・海外旅行保険OFF」で比較する。

f:id:Apps:20180708150458j:plain

9,210円と13,470円。
その差4,260円!この差はでかい!

他のプランも保証内容に多少の差はあれど「t@bihoたびほ」のほうが約30%も安い!

いいじゃないコレ。
今回は間に合わなかったけど次からはこの保険にしよう。

【公式】海外旅行保険・留学保険《t@bihoたびほ》

空港で入れる海外旅行保険

保険高かったなぁ〜って思いながらバリに出発。

空港の出発ロビーあたりに保険の自動販売機的なヤツが気になった。
実は安かったりするんだろうか?

「海外旅行保険自動引受機」というらしい。

関西空港にも3台並んでいたので見積もってみた。
f:id:Apps:20180707223057j:plain

f:id:Apps:20180708152339p:plain

損害保険ジャパン日本興亜東京海上日動ジェイアイ傷害火災保険
日数21日間
傷害死亡3000万円3000万円940万円
障害後遺障害3000万円3000万円980万円
疾病死亡1880万円1000万円100万円
治療費用2000万円無制限1500万円
携行品損害50万円30万円15万円
損害賠償1億円
救援者費用1000万円無制限1500万円
保険料金16,000円16,940円10,000円

当日に入るから安い!なんてことはなくやっぱり高い。

というかめちゃくちゃ高い

まぁ普通そうだよね。
事前にネットで入ったほうがお得。

まとめ

さすがに今までの保険と5,000円以上違うと無視できない差額だった。
高けりゃ良い保険というわけでもないだろうし。

保険なしでバイクに乗ったりサーフィンする気にはならないので、次は「たびほ」に加入するようにしよう。

【公式】海外旅行保険・留学保険《t@bihoたびほ》

関連記事

>>>【レンタルバイク】バリ島でバイクの免許を観光客が取ってみる

>>>バリ島一人サーフトリップ 21日間でかかった費用まとめ【124,127円】

>>>バリ島サーフトリップ 2018年6月 2日目 インポッシブルと免許取得

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です