2019年5月11〜 バリ島トリップ リアルタイム更新

【 インドネシア 西ティモール】ロテ島サーフトリップのホテルと航空券の予約

Discover the best Surf spots in Rote Indonesia | Anugerah Surf & Dive Resort

2019年5月中旬〜6月中旬の1ヶ月、バリ島サーフトリップ決定です。

そのうち10日間は西ティモールのロテ島に行ってみようと思います。

ええ。今回も当然ぼっちですw


ロテ島は前回のバリトリップ後に知って気になっていた。

日本ではマイナーだがヨーロピアンに愛されているエリアらしい。

>>>ロテ島へのアクセスや費用を検討してみた

今回のトリップは1ヶ月と時間的に余裕があるのでロテ島も組み込んでみる。

「ぼっち」でも行けそうなロテ島

インドネシアには無数のサーフスポットがあってもっとメジャーなポイントもたくさんある。

しかしメンタワイやニアスになるとボートトリップがメイン。


こんな大型のボートに寝泊まりしながらサーフィンする。。。

Moon Palikir – Mentawai Surf Charters | World Surfaris

Moon Palikir – Mentawai Surf Charters | World Surfaris

乗り合いとはいえ大体グループで参加してる外国人たちと数日すし詰めとか地獄かな?


一方、ロテ島はサーフポイントへのアクセスこそボートだけど、寝泊まりはコテージなのでプライベートも確保できる。

また波はレフトの比較的メローな波。たぶん大好きな感じ。

たぶんロテなら中2レベルの英語でも楽しめるんじゃないかなぁ。

ロテ島へのアクセス方法

今回はバリ島のデンパサール空港からロテ島に向かう。

しかし「バリ島ーロテ島」直行便はないのでティモール島のエルタリ空港に立ち寄ることになり「飛行機① + 飛行機②」か「飛行機① + フェリー」の組み合わせになる。

飛行機① 「バリ島」から「ティモール島」

ガルーダ・インドネシア航空、ライオン・エアー、ウィングス・エアから選べる。

ライオン・エアーとウィングス・エアはLCC。

LCCはボードチャージ別途かかる(1本200,000IDR程度)

飛行機② 「ティモール島」から「ロテ島」

ロテ中央部に位置するデイビット・コンスタンティジン・サウダール空港。

エルタリ空港からライオン・エアー、ウィングス・エアが運行している。

ただし「バリ島」から「ティモール島」への飛行機より小型でサーフボード積載の制限がさらに強い。

185cmまでらしいのでサーフボードはケースに入れると多分NG。
どうやらボードケース1コならOKらしいです!
skbさん情報ありがとうございます(^^)

なおT-LAND RESORTという高級ホテルのQ&Aでも9ftまでOKと書かれていました。
>>>https://www.t-landresort.com/tips/3

帰りの飛行機は乗り継ぎが悪くクパンで7時間待ちになるためメリットも少ない。

ただしフェリーは7〜9月は強風で頻繁に欠航するらしいので、その面では安心かも。

Flight search – Denpasar (DPS : Bali, Ngurah Rai Intl.) Bali Indonesia to Roti | Rote (RTI : Roti) East Nusa Tenggara Indonesia

このため実質的にはサーファーは「飛行機① + フェリー」の組み合わせになる。

フェリー 「ティモール島」から「ロテ島」

ティモール島エルタリ空港近郊の町クパンからフェリーが出ている。

>>>BAHARI EXPRESS

ロテ行きは1日2便。クパンへ戻る便は1日3便。毎日運行している。

普通席 132,000ルピア(約1,060円)
VIP席 162,000ルピア(約1,300円)

なおサーフボードは積み下ろしで10,000ルピア✕2回がかかる(約160円)

航空券を予約する

今回は往復ともにLion Airを利用する。

一番安いので。

公式サイト以外でも購入できるが往復で1,000円も変わらないので公式サイトで予約しておく。

>>>Lion Air


出発地(DPS デンパサール)と到着地(KOE クパン)、往復の日付、人数を指定して検索

往復の便を指定。

復路は午後からの便が時間的に良さそう。

料金は2,647,000ルピア(21,200円)

氏名・誕生日・国・連絡先 などを入力し次へ

手荷物重量が超過している場合はここで追加。窓口のほぼ半額で追加できる。

でもサーフボードはチェックイン時に支払うらしい。

料金は200,000ルピア/本(約1,600円)

支払い方法を指定する。このときクレジットカードは予約者と同じ名義のカードを使うこと。

更に連絡先も入力。

LION AIR

決済が完了すればメールに航空券が届きます。

これでインドネシア内の航空券予約は完了。

スポンサーリンク

ホテルを予約する

ロテ島のメジャーサーフポイントT-Landはネンベララ(Nemberala)という田舎町にある。

ポイントにはボート(ジュクン)でアクセスすることになる。

ホテルごとにボートが出ており宿泊費用にボート代金も含まれる。

またポイント周辺には何もないため3食付きプランが一般的。

今回は「Anugerah Surf & Dive Resort.」を予約する。

Anugerah Surf & Dive Resort.

ホテル予約サイトでは見つけられなかったので公式サイトから直接予約した。



予約ページに到着日と出発日を入力し空き部屋を検索。

すべてのグレードが選択できた。

もちろんいちばん安い部屋をチョイス。

1泊525,000ルピア(約4,200円)

ボートチャージ + 3食 + 宿泊 と考えればまぁ…ちょっと高いかな?ぐらいのお値段かな?

なかなか開放感のあるトイレ&シャワールーム(笑)

予約時にフェリー乗り場への送迎も依頼できる。

片道210,000ルピア(約1,700円)

空港・フェリー乗り場のそれぞれAM着便PM着便を指定できる。

午前着フェリーで迎えを依頼。

帰りは現地で手配できるんだろうきっと。

税金とか色々入れて10泊で6,006,000ルピア(約48,000円)

クレカで決済して予約完了 と言いたいのですが決済できず。

どうやらオフシーズンは決済機能が動いてないらしくメールで問い合わせて予約となった。PayPalでデポジット(保証金)100USDを決済して予約完了となった

とりあえずこれで大きな予約はとれたので細かいところを押さえておく。

ロテ島のWiFI環境

ロテ島のホテルのWiFiは絶望的な状況らしい。推奨はテルコムセルのSIMを使ったモバイル通信。

ネットがないとマジで詰むので必ずバリでSIMを手に入れておこう。

>>>Telkomsel(テルコムセル)のパケットの種類についてあれこれ

クパンでの宿泊先

行きはクパンで1泊することになる。エルタリ空港とフェリー乗り場の間にあるクパンに宿を確保しておく。

1泊652円で朝食付きという破格のホテル的な掘っ立て小屋もある。虫がいそうなのでやめておく。

2,500円程度でキレイな新しいホテルに泊まれるようなので予約。

レストランもある大きなホテルっぽい。足がないので助かる。

なおやはりインドネシアはAgodaが安い。

エルタリ空港 – クパン – フェリー乗り場へのアクセス

空港からクパンのホテルまでとホテルからフェリー乗り場へのアクセスを確認しておく。

空港からクパンまではタクシーで60,000ルピア(約500円)

おそらく距離的にクパンからフェリー乗り場までも同じぐらいだろう。

先程とったホテルでタクシーが呼べると思うけど別の手段も検討しておく。

インドネシアはUberが閉め出されたので「Grab」と「GO-JEK」が白タクとして人気らしい。

とりあえず「Grab」をインストールして使えるようにしておく。

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

ホテル周辺を見てみたが早朝からバリバリ走っている。たぶん簡単に送迎は確保できそう。

まとめ

下準備はこんなもんだろうか。

Lion Airのボードチャージだけが微妙な感じかな?

でも多分なんとかなるだろう。

とりあえず楽しみ(*´∀`*)

今回も毎日ブログを更新しながらのトリップになるともう。

バリ南部 → ロテ → マデウィ。後半は前回も行ったジャワ島のレッドアイランドに再訪するのも良いかもしれない。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です