【毎日更新中】2019/7/19から メンタワイ テレスコープ サーフトリップ中!

マウスマウントは邪魔?サーフィン中のGoPro撮影を簡単に行うアームリーシュを作ってみた

2019年5月11〜6月9のバリ・ロテ・G-Landサーフトリップ。

サーフィン中の動画もとりたいのでGoProを持っていきます!

いつもはボードのノーズに取り付けるんだけど今回はマウスマウント(バイトマウント)にも挑戦してみようと思います。

関連記事

マウスマウントは上級者向け

マウスマウントは一人称視点で撮影できるので没入感の高いサーフィン動画が撮れます。

でもその問題点は難度が高いということ。

問題点をクリアするためいろいろ工夫してみた。

問題点1 ずっと咥えてるの辛い

サーフィンは海に入れば1.5〜3時間近く入りっぱなし。

そんなに長時間マウスマウントをずっと咥えてるのは正直キツイ

でも定番のMyGoなんかはデカすぎてサーフパンツのポケットなんかには絶対はいらない。


一方GoPro純正のマウスマウントよく考えられていて使わないときはサーフボードマウントに取り付けられる

ただMyGoに比べ噛む部分にクッションが少ないので怪我には気をつけよう。

問題点2 ロスト率が高い

マウスマウントでの撮影は結構なくしてしまう事は多いらしい。フローティー(オレンジの浮き)をつけていても大きな波にさらわれると見つけられないとか。

ということでリーシュをつけてロストに備えます。

ここでもMyGoがおしい製品を出しているのですがボードに取り付けた時に困ります。

ちょうどいい製品がなかったのでボードに取り付けたときにも邪魔にならないリーシュを自作してみました。

希望のリーシュを安価に作る

アームバンドはスマホ用を流用

BBの腕用を使うのもいいけどリーシュ自体は無駄だし結構高い。

ということでスマホを取り付けるアームバンドを流用する。

ネオプレンで伸びもあって約40センチをちょうどよいサイズ。

リーシュは工具用を流用

百均にあるような小物用リーシュだと耐久性が不安。ということで耐荷重20Kgという工具用のセーフティーリーシュを流用する。

ステンレスなのでサビにも強い。

>>>【参考】Amazonで「SFC-206YG」を2.5%引きで買う方法

また自然長約260はこの手の製品にしてはかなり短い。

最大は660mmなので使用にも問題ない長さ。

余計な部品を外してアームリーシュ完成

アームバンドのスマホ取り付け部分は不要なので外す。

マウントについていた紐アームバンドとリーシュの接続に使う

こんな感じでアームリーシュ完成。

ボードに取り付けておくときはこんな感じになる。セーフティーリーシュの自由長が短いのでじゃまにならない。

スポンサーリンク

まとめ

こんな感じでいい感じに準備完了!本番が楽しみです。

また動画撮れたらアップしますね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です