2019年5月11〜 バリ島トリップ リアルタイム更新

WordPressプラグインの編集と内部のデータベースを直接変更する方法

WordPressのプラグインはPHPやJavascriptで構成されています。

「もう少しこうなっていれば!」というときは少し改変するだけで一気に便利になったりします。

ここではWordPressプラグインの改変方法と、更に一歩進んでWordPressのデータ保存領域のチラ見方法を解説します。

プラグイン編集(プラグインエディター)

WordPressの左メニュー → プラグイン → プラグイン編集です。

たしかWordPress5.1から「プラグインエディター」に名称が変わってますが同じものです。

ここでは物販アフィリエイトリンク作成プラグイン「Rinker」を例に説明します。

右上のドロップダウンから「Rinker」を選択。


右の「プラグインファイル」がプラグインを構成するファイル群です。

なお下記のnoteで「編集するファイル」はこのファイル郡を指しています。

>>>【note】Rinkerプラグインを拡張しクリック率を向上させるカスタマイズ集


外部サーバーと通信するようなタイプのプラグインの改変は難しいですが、スタンドアロンで動作するプラグインであればすべて改変することができます。


ただし利用範囲についてはプラグインのライセンスをよく読んで下さい。

Rinkerの場合は下記のようになっています。

Plugin Name: Rinker
Plugin URI: https://oyakosodate.com/rinker/
Description: 商品リンクの管理を楽にするプラグイン『Rinker』のベーシック版(無料)です
Author: yayoi
Version: 1.4.4
Author URI: https://oyakosodate.com/
Copyright:
PHPファイルはGPLライセンス(GNU General Public License http://www.gnu.org/licenses/gpl-3.0.html)です。
CSS、Javascript、画像についての権利はすべてoyakosodate.com管理者のやよいにあります。
有償無償、加工の有無にかかわらず販売及び再配布はできません。

yyi-rinker/readme.txt

またPHPファイルの編集に失敗すると「死の白画面」となり冷や汗をかく事になります。

FTPなどでサーバに接続しておいてWordPressを経由せずともファイルを編集できる環境を整えてから改変して下さい。

一般的にプラグインファイルはWordPressのインストールディレクトリの「wp-content/plugins」にあります。

Rinkerなら「wp-content/plugins/yyi-rinker」です。Rinkerの編集を失敗して画面が真っ白になったら「yyi-rinker」をディレクトリ(フォルダ)ごと削除すれば復旧します。

WordPressの中身(データベース)を覗き見る方法

WordPressはブログソフトですがコンテンツ管理システムの側面ももちます。

ブログのデータはサーバ内のデータベース(MySQLやMariaDB、PostgreSQLなど)に保存されており、必要に応じてPHPで読み出されWebページを構築しています。

このデータベースを直接編集すればWordPressからでは編集できない項目も自在に変更できます。

ただし失敗するとだいたい取り返しがつかなしので作業前にはバックアップ必須です。


データベースの中身を見る方法いろいろありますが最も簡単と思われるWordPressプラグインを使った方法を紹介します。

ARI Adminer プラグイン

>>>ARI Adminer

こちらのプラグインをインストール→有効こするとWordPressの管理画面からでたベースを検索・編集・SQLの実行などができるようになります。

ARI Adminerを実行するとでーたべーすがデータベースが表示されます。

とりあえずRinkerのデータを見てみましょう。

検索窓に「Rinker」といれて検索すると6行ほどリストが表示されました。

これは「Rinker」という文字が含まれている「テーブル」です。テーブルはリレーショナルデータベースで使われる用語なので気になる人はググって下さい。

この中の「wp_postmet」をクリックしてみましょう。なお「wp」は環境によって異なりますのでそれぞれ読み替えて下さい。


ちょっと沢山出てきて分かりにくいので「post_id」を「4207」に絞り込んでみます。

検索に「meta_id」「=」「4207」と入力し「選択」をクリック。なお「4207」はご自分の検索結果に表示されているIDでOKです。

ほうほうほうほう。なんか見慣れたデータがでてきましたよ。

こういうことでしょうか?

meta_keyRinkerでの役割
yyi_rinker_search_shop_valueよくわからん
yyi_rinker_asinAMAZONのASINコード
yyi_rinker_amazon_title_urlAMAZON商品ページURL
yyi_rinker_keyword検索キーワード
yyi_rinker_amazon_urlAMAZONの検索結果URL
yyi_rinker_rakuten_url楽天の検索結果URL
yyi_rinker_yahoo_urlYahooショッピングの検索結果URL
yyi_rinker_s_image_url画像(小)のURL
yyi_rinker_m_image_url画像(中)のURL
yyi_rinker_l_image_url画像(大)のURL
yyi_rinker_brandブランド・メーカー名
yyi_rinker_price価格
yyi_rinker_price_at価格取得時のタイムスタンプ

ここまでわかれば必要なデータを抜き出したカスタムは半分できたも同然。

下記のカスタムもyyi_rinker_keywordを使って行っています。

>>>【note】Rinkerプラグインを拡張しクリック率を向上させるカスタマイズ集

まとめ

こんな感じでWordPressはデータベースなどを直接編集できますが、これが「はてなブログ」や「アメブロ」などのレンタルブログとの一番の違いかと思います。

WordPressなら「正しい知識に基づいアイデアはすべて実現可能」ということです。

すこしデータベースの中をチラ見するだけでも面白いので試してみてください。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です