【関西⇔北海道】フェリー料金の割引や比較まとめ 【太平洋フェリーが格安】

f:id:Apps:20180809135150j:plain

関西圏(大阪・京都・兵庫など)から北海道へマイカーで行くなら長距離フェリーですね。

長距離フェリー航路の料金やお得な割引制度などを調べたのでまとめておきます。

結果としては太平洋フェリーが格安の早割が超お得でした!

【関連記事】

>>>【秋の味覚in北海道】9月・10月の北海道旅行で絶対に食べたいグルメ まとめ



2運航船社・4航路

運行会社は2社。太平洋フェリーと新日本海フェリーです。

太平洋フェリーは1航路。
新日本海フェリーは3航路ありますので合計4航路となります。

太平洋フェリー

太平洋フェリーは「名古屋から仙台経由で北海道」への航路となります。
f:id:Apps:20180809135747p:plain
太平洋フェリー 苫小牧(北海道) 仙台(東北) 名古屋 船旅 お得なプラン クルーズ 貨物

新日本海フェリー

舞鶴または敦賀からの出港となります。

「舞鶴から小樽」への航路。「敦賀から苫小牧東」への2航路がメインとなります。

f:id:Apps:20180809135437p:plain
新日本海フェリー|舞鶴・敦賀・新潟・秋田と北海道を結ぶフェリー航路。

長距離フェリー料金の比較

比較条件
・2018/8/9現在
・繁忙期(夏休み・お盆休み等)を外した通常期間
・復路は30日後
・部屋は最低クラス

・自動車:普通車(5m未満)大人1名の料金含む
・大人1名
・子供1名(小学校就学前)

名古屋

仙台

苫小牧
敦賀

新潟

秋田

苫小牧東
舞鶴

小樽
敦賀

苫小牧東
運航船社太平洋フェリー新日本海フェリー
距離1,330Km1,074Km1,061Km948Km
時間約40時間約31時間約21時間約20時間





34,000円32,170円

9,800円
または
10,800円 ※1
9,970円

無料無料

43,800円
または
44,800円 ※1
42,140円









2




早割なし


23,800

4,900円
または
5,400円 ※1

28,700円
または
29,200円 ※1
42,140円

57,400円
または
58,400円 ※1
84,280円

※1:上段は「きたかみ」の料金。下段は「いしかり・きそ」の料金。
※2:乗船日2ヶ月前午前9:00~乗船日28日前の予約で最大で50%OFF

「早い新日本海フェリー」と「安い太平洋フェリー」

通常料金にはほとんど差がありませんが、太平洋フェリーは「早割」を使うことで最大50%OFFになります。
新日本海フェリーは有効な割引が一切ないため、割引適用後の太平洋フェリーの約1.5倍!にもなります。

太平洋フェリーでいけばコスト的には片道では約13,000円もお得ですね。
部屋をアップグレードして1等室(個室)にしても新日本海フェリーと同じぐらいの料金です。
f:id:Apps:20180810095501p:plain

ただし新日本海フェリーは直行便なので約20時間。
太平洋フェリーは仙台経由のためほぼ倍の約40時間もの長旅です。

大きなデメリットのように見えますが到着時刻も考える必要があります。

「夜着の新日本海フェリー」と「午前着の太平洋フェリー」

新日本海フェリーは約20時間と早いのですが到着する時刻がイマイチです。
f:id:Apps:20180809145456p:plain
航路・ダイヤ・運賃|舞鶴・敦賀・新潟・秋田と北海道を結ぶフェリー航路。

「舞鶴から小樽」「敦賀から苫小牧東」の到着が共に20時半過ぎ。
基本的に「到着日はホテルへ移動&寝るだけ」というようなスケジュールになります。

一方40時間もかかる太平洋フェリーですが到着は11時です。
f:id:Apps:20180809150017p:plain
航路・ダイヤ・のりば|太平洋フェリー
ホテルに宿泊してゆっくりチェックアウトしたのと同じぐらいの感覚で行動できるため40時間というデメリットはあまり感じないかもしれません。

また初日の宿泊費もフェリー代金に含まれると考えることも出来ます。

新日本海フェリーは小樽着便で札幌までは約1時間弱。
太平洋フェリーは苫小牧着便で札幌までは約1時間強。

初日の目的地が札幌だとしても太平洋フェリーの時間的なデメリットは思ったより少なそうです。

太平洋フェリーはペット料金が無料

犬のみとなりますが太平洋フェリーはドッグハウス(ペットゲージ)を無料で利用可能です。
しかし犬のサイズ・空き状況等により利用できない場合は車両内保管となります。

車両内保管は車内の温度や換気が気になるところですが、受付時にペットの車両内保管である旨を伝えると優先的に換気の良い涼しい場所に駐車させてもらえます。

また出港後も係員に申し出れば車両デッキに降りてペットの世話ができます

新日本海フェリーはペットゲージ料金として1,230〜1,440円の費用がかかります。
またペットケージ(高:67cm×幅:57cm×奥:90cm)に入らない大型のペット等は預け入れられません。また車中にペットを残しての乗船も出来ませんので大型ペットとの乗船自体ができません。

まとめ

ということで9月末から10月末ぐらいまで1ヶ月ほど北海道にキャンピングカーで旅行にいって来ようと思います。

まだ北海道に何があるのか全然わかってないので、まずはざっくりした地名から覚えますw

【関連記事】

>>>【秋の味覚in北海道】9月・10月の北海道旅行で絶対に食べたいグルメ まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です