ぼっちサーファーのブログ

一人海外サーフトリップの記録と雑記

【SJCAM・Gitup 大容量バッテリー】サーフィン用アクションカメラの録画時間を伸ばす

2018/6/6〜25までバリ島サーフトリップ中

リアルタイム更新中の記事はこちら

トリップ中にスペシャルオファーができました!
マデウィ サポートプラン」はこちら

f:id:Apps:20180603062201j:plain
6/5からのバリサーフトリップにアクションカメラを持っていこう。動画があると思い出にもなるしね。

ただ1時間半ぐらいしか連続撮影が出来ないので改善してみようかと思う。


改善方法はこの2つ。

1.大容量互換バッテリー
2.クイックキャプチャー


この組合わせならまずバッテリー切れにはならないはず。



カメラは「SJ4000」と「Git2」

ぼっちさんが持っているアクションカメラは2機種。
SJCAMのSJ4000とGitupのGit2。

撮影時間ならSJ4000。画質と機能ならGit2という感じ。

格安アクションカメラの代名詞 SJ4000

いままではSJ4000を持って行ってた。安いので海で流しても痛くないかなと。
実際エアポートレフトで流しちゃった。近くにいたサーファーが拾ってくれたけどね。


これは去年のバリ。画質はこんな感じ。まぁ十分だよね。
www.youtube.com



SJ4000は今となっては性能の割に割高ながら爆発的に大ヒットした中華アクションカメラ。

SJCAMは日本の公式サイトも持っているので他の中華製よりちょっとだけ安心して購入できる。
SJCAMジャパン – SJCAMジャパン公式ウェブサイト



連続撮影できるのは1時間10分〜1.5時間ぐらい。
ぼっちさんはだいたい2時間弱ぐらい海に入っているのでちょっと足らない。

できればもう少し長時間撮影したい。


関連記事
www.lonely-surfer.com





Gitup Git2

GitupはSJCAMのOEM元と言われるviofoが展開する自社ブランド。
GitUp Ltd

Git2は「1080 60fps+手ぶれ補正+低価格」で一躍人気になった名機。

2K,4Kが不要なら入れ替わりの激しいアクションカメラの中でもまだ戦えるスペック。



ただ問題は「1080P+60FPS+手ぶれ補正ON」だとバッテリーの消耗が激しく50分ぐらいしか撮影できない。





SJ4000はクイックキャプチャー機能がない

2時間サーフィンをしていても、その殆どは移動(パドル)と波待ち。
板に立っているのは数分(下手すると数十秒)しかない。

それなら乗っているときだけ動画を撮影すればいいんだけどSJ4000はクイックキャプチャー機能がない

クイックキャプチャー機能とは
ボタンを1回押すだけで電源ONから自動的に録画を開始する機能。


SJ4000は撮影まで6秒程度かかる。

電源長押し2秒で起動 ➡ 録画可能状態になるまで3秒 ➡ 撮影ボタン押下1秒



6秒程度もかかるとかなりサーフィンがかなり制限されるのでやってられない。
結局波待ち中も撮りっぱなしになる。




一方のGit2にはクイックキャプチャー機能が搭載されている。
録画ボタン1プッシュで電源ONから撮影開始まで全自動。
もう一回押すと撮影停止してシャットダウン。

これ超便利
でも連続撮影は出来ない。



「連続撮影」or「クイックキャプチャー」で悩んだ末SJ4000を使っていた。
でも60fpsで撮ってみたいので今回はGit2を持っていきたい。



1350mah 大容量互換バッテリー

f:id:Apps:20180603083423j:plain
中華アクションカメラはバッテリーの互換性がある機種が多い。
手持ちのSJ4000とGit2も互換性がある。

このバッテリーを大容量タイプの互換バッテリーに変えてGit2の撮影時間を改善してみよう。

バッテリーの容量

SJ4000の純正バッテリーは900mAh、Git2は少し多い950mAh。

今回購入した互換バッテリーは約1.5倍の1,350mAh
f:id:Apps:20180603062618j:plain



容量が大きいとサイズも大きくなるのでカメラによっては本体に入りにくい機種もある。
でもSJ4000とGit2では純正同様ズムーズに出し入れできる。



このバッテリーはSJCAMやGitup以外にも多数のカメラに互換性がある。

✔SJCAM

SJ4000 Series:SJ4000/SJ4000WIFI/SJ4000PLUS

SJ5000 Series:SJ5000/SJ5000WIFI/SJ5000X/SJ5000PLUS

M10 Series:M10/M10WIFI/M10PLUS

✔MUSON

MC2, MC1A

✔DBPOWER

EX5000, 4K, CAUTION: NOT FOR N6 4K!!!

✔AKASO

EK5000, EK7000

✔EKEN

H9R, H9S, W9S,V8S, H8S, H8R, H8PRO, H8PLUS

✔VEMICO

V1, VEMICO 4K

✔Campark

ACT76, ACT74

✔THiEye

i60, i60+, i60E, i30

✔Dragon Touch

Vision3

✔WIMIUS

Q1, Q2, Q3, Q4, Q5, CAUTION: NOT FOR Q6/L1/L2/ L3!!!

✔GITUP

Git1, Git2

✔LEVIN

W9C, SJ7000

✔Victure

AC200, AC600, AC400

✔APEMAN

A60, A70, A80, RBA66

✔NexGadget

CS5KH, 1012FS,1012A, H9SE

✔Beownwear

F60A1

✔Other Brands' Models

SJ4000, SJ5000, SJ6000, SJ7000, SJ8000, SJ9000, F60, F60R, F68, H9, W8, A8, H8S, H8R, H8PRO, H8PLUS

✔MINGCHANG MODELS

✔SOOCOO MODELS

✔Daping MODELS

✔TEC.BEAN MODELS

✔QTUO MODELS

✔SSA MODELS

✔PATECH MODELS

中華カメラは多すぎて追いきれないね。


こんなに中華製アクションカメラがたくさん出てる理由は下記の記事とか参考になる。

深センで700円のアクションカムを買った話 - スーさん的SF日記
深センの公板/公模 700円の粗悪アクションカメラに見るイノベーション | fabcross

コピーともホワイトラベル(OEM)とも違う独自の生態系がめっちゃ面白い。


バッテリー2個と充電器のセット

バッテリーが個別にプラケースに入っているのはなにげに嬉しいところ。

f:id:Apps:20180603083255j:plainf:id:Apps:20180603083257j:plain

f:id:Apps:20180603083423j:plainf:id:Apps:20180603083428j:plain


2個同時に充電できる充電充電器はLCD付きでわかりやすい。
f:id:Apps:20180603083635j:plain

リポバッテリーだけどモバイルバッテリーではないし交流製品でもないのでPSEは取得不要。
f:id:Apps:20180603085102j:plain



低品質な中華バッテリーは発火や膨張の確率も高いので数回は充電・放電をテストしてから持っていくようにしよう。


バッテリー容量と撮影時間

それぞれのバッテリーの撮影時間を測定してみた。
動画だけど壁を撮っているので動きはない。


標準バッテリー
SJ4000(1080P 30fps)  
900mAh 約75分 ➡ 1350mAh 約125分(⇗1.8倍)

大容量バッテリー
Git2(1080P 60fps)
950mAh 約50分 ➡ 1350mAh 約70分(⇗1.4倍)


バッテリーの個体差がないか入れ替えて測定もしたがほとんど差は見られず。


SJ4000が異常に録画時間が伸びた。



まとめ

Git2でも大容量バッテリーにしたらノーマルのSJ4000並に録画時間が伸びた。

基本は「1080P 60fps+手ぶれ補正」or「1080P 60fps」で常時撮影。
撮影時間が足らないなら「1080P 60fps+手ぶれ補正」をクイックキャプチャーで運用。

これならGit2でもサーフカメラに使えるね。
さて荷造りしなきゃ。


【関連記事】
www.lonely-surfer.com
www.lonely-surfer.com










荷造りしてたら国際免許の有効期限が切れてるのを忘れてた。
いそいで作りに行こう。
www.lonely-surfer.com