ぼっちサーファーのブログ

一人海外サーフトリップの記録と雑記

SANGOのインフィード広告をバージョン1.4でも動くようにカスタマイズする

f:id:Apps:20180504112022j:plain

別で運営してるブログはWordpressで構築してます。

テーマはSANGO
saruwakakun.com


このSANGOが4/28にバージョンアップされて1.4になり結構中身が変わりました。


ver1.4より前のインフィード広告は「マサオカメソッド」でOK

SANGOのカスタマイズでは本家サイト以上に情報が豊富な「マサオカブログ」さん。
oldno07.com

記事リストに広告を表示させるインフィード広告は「マサオカブログ」さんに詳しく載ってます。


こちらをベースにver1.3以前から広告表示させてる人は1.4でも何もしなくても動作しているはず。

でもVer1.4を新規インストールした人は中身が変わっているので混乱するかも。



ちょうどこのタイミングで別サイトにSANGOをインストールする機会があったので「インフィード広告」もVer1.4に合わせてカスタムしてみた。




なお事前に広告コードは「マサオカブログ」さんを見て作成しておいてください。
またpost-grid.php以外(CSS)などもマサオカブログの説明通りです。


作業としてver1.4で変わるのは「post-grid.php」だけです。


【コピペでOK】SANGOインフィード広告バージョンアップ対応版

FTPソフトやサーバのファイルマネージャーを使って子テーマに親テーマの「post-grid.php」をコピーしてください。

パスは”/wp-content/themes/sango-theme-child/parts/post-grid.php”になると思います。


<?php if (have_posts()){
/*記事一覧表示は以下の2種類(カスタマイザーから設定)
  1)横長のタイプ
  2) 通常のカードタイプ
*/
  //(1)横長の場合
if( is_sidelong() ): ?>
  <div class="sidelong cf">
   <?php while (have_posts()) : the_post();
      sng_sidelong_card();/*sng-functions.phpで定義*/
      endwhile;
   ?>
  </div>
<?php else : //(2)カードタイプの場合?>
  <div class="cardtype cf">
   <?php 
      $ads_infeed = '5'; //何番目に表示したいか
      $ads_infeed_count = '1';
      while (have_posts()) : the_post();
      if(($ads_infeed_count % $ads_infeed) == 0){
   ?>
       <article class="cardtype__article">
        <script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
         <ins class="adsbygoogle"
          style="display:block"
          data-ad-format="fluid"
          data-ad-layout-key="自分のコード"
          data-ad-client="自分のコード"
          data-ad-slot="自分のコード"></ins>
        <script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>
        <p class="dfont cat-name">Promotion</p>
       </article>
    <?php
      };
      $ads_infeed_count++; 
      sng_normal_card();/*sng-functions.phpで定義*/
      endwhile;
    ?>
  </div>
<?php endif;
 sng_page_navi();
} else {//記事なし
 get_template_part('content', 'not-found');
}
wp_reset_query();
?>


これをみて「どこが変わったかわからねえよ!!!」って方は「difff《デュフフ》」がオススメ。
difff《デュフフ》

ひっでぇサイト名だけど超便利。



なおこの説明は「通常のカードタイプ」です。

「横長のタイプ」なら「sng_sidelong_card();/*sng-functions.phpで定義*/」の前後部分を改変します。



とりあえず適当な説明で終了。
需要あればそのうちリライトしよう。