ぼっちサーファーのブログ

一人海外サーフトリップの記録と雑記

株式会社「自分」の経営を考えたほうがいいと思う

熱いよ!熱いよ!!熱いよ!!!


エアコン温度を好きに設定できる。
会社をやめて良かったと思うことトップ3に入ると思うぼっちさんです。




あ〜なんかサラリーマン時代を思い出してきた。




28℃設定とか無理だよ!
集中できねぇよ!!
書類が肘にくっつくんだよ!
注文書に汗落ちてんじゃねぇか!


月5,000円払うから部屋の温度を好きに設定させろって上司に直談判したよ!




他の部署に示しがつかんから」って断られたよ!



他部署なんて知らねぇよ!!




んじゃサーバー室(常時25℃設定)に机を引っ越す!!!

って言ったら


電話がない!?



PBXの設定変えて携帯へ転送設定するよ!!
これでいいんだろ!?


転送にかかる費用も俺が払うよっていったけど

他の部署に示しがつかんから」ってさ。



もうそれ聞いたよ!!



なんだよ!
普段はできない理由じゃなくて出来る理由を考えろって偉そうに言ってんじゃねぇか!
ナイスな提案ことごとく却下してんじゃねぇよ!




もういい帰る。
毎日定時で帰ってやる!



あ。。。おれ2年ぐらい残業してないわ。。。









はぁ・・・・思い出したら熱くなってしまったぼっちさんです。



今は加齢による代謝の低下で27℃設定でも寒いぐらいになった。
若いって熱いねぇ(違ぅ




はい。
そんなこんなで今日は「自分」を会社と考えたときのお話。



スポンサーリンク







会社に対して発言権の弱い自分

エアコンの設定じゃないけどさ。
まぁアホなルールとか慣例みたいなのが会社には沢山あるわけだ。


でもそのルールをブチ破れず渋々従わなきゃいけないことも多いよね。



まぁエアコンの話は大したことないとしてもさ。
長時間労働とかサービス残業とかパワハラとか帰りにくい空気とか取れない名ばかり有給とかさ。

なんでこんなに会社に対して立場が弱いんだろうかって思ったことありません?




理不尽な会社や上司が悪い?
法律や政治家が悪い?





うん、まぁそうなんだけどさ。

人のせいにした時点で改善ってできないんだよね。
自分は変えられるけど他人は変えれらないからさ。


なので原因は自分にあるとして色々考えてみようよ。





超零細企業の社長はツラい

自分を「会社」勤め先を「取引先」って考えたことあるかな?
まぁ無くてもちょっと考えてみてちょうだい。



一部のスーパーマンを除いて普通は1つの会社に勤めて給料をもらってるわけだ。



さっきの「自分を会社」としたらさ。
給料って売り上げなわけじゃん?



1つの会社に勤めてるってことは売り上げの殆どを取引先1社に頼ってる超零細起業ってことだよね?



すっごくやばくない?
たぶん何処の社長でもそんなのはいい経営状態とは言わない思う。
すぐ何とかしなきゃ!ってね。
 
でもサラリーマンってその状態を甘受している人も多いよね。





これが会社と対等になれない最大の理由なんじゃないかな?




こんなんじゃ当然取引先にナメられる


無茶な納期、激安単価、ムダに高い品質。なんでも要求し放題。


だってさ。


うちに売り上げ頼ってるんだもん。



ちょっと捻ればキュッですよw
殺生与奪権にぎにぎしまくり♪



もちろんいい顔をすることもあるよ。
でもそれは儲かっているときだけ。


少しでも経営がきつくなると弱い下請けから順に無理を言うよね。


これは良い悪いじゃない。
水が上から下へ流れるような物事の理(コトワリ)だよね。





んじゃどうやったら取引先と対等になれるんだろうか?




会社から開放されるために

まぁ簡単だよね。
普通に考えて下記の2つしかない。

  1. 取引先に対して特別な存在になる
  2. 売り上げ先を分散確保する


自分が社長なら経営方針を転換するわ。



取引先に対して特別な存在になる

君に辞められると本当に困る!!!って存在になるってことだ。
まぁそう思っている(思い込んでいる)人もソコソコいそうだけどさ。

       

俺がいなきゃこの部署回んねぇな(ヘッ

みたいなw



うんでも、大丈夫。
殆どの場合は辞めても大丈夫。


実際に言われた人もいるかもしれないけど代わりなんていくらでもいる。



むしろ一人がやめたら事業が立ち行かないような会社は会社としておかしい


実際に言われた人は「引き止めるほうがコストが安い」から言ってくれるだけだよ。

そんな特別な人になるのは難しいし、実際になれるなら会社に属している意味もさほどない。



しかも取引先が傾くとどうしようもないのは変わらない。
なのでこっちの経営方針はメインにしないほうがいいよね。



売り上げ先を分散確保する

残る道はこれしかないわけだ。


前にも書いたことあるんだけど副業をしましょうということだ。
ほんと簡単なことからでいい。
ブログでもいいし転売でもいい。
会社から以外の収入源を全力で確保しよう。



仕事が忙しくて副業する時間がない??
ちがう。時間を作るために副業するんだ



時間がないのは会社に過度な仕事を押し付けられるからだろ?
そして断れないのは対等な関係を築けてないからだろう???



がんばれ。ここは頑張れ。



何とかして時間を作れ。
そして少しずつ会社以外からの収入を増やすんだ。


それが自尊心につながり、会社依存からの開放へ繋がるんだ。
自分を取り戻すために金を稼ぐんだ。



会社の仕事をこなすため頑張っても発言力は増えない。
辞めたら別のヤツが頑張るだけだ。


頑張るなら会社の仕事以外の自分のビジネスを育てるよう頑張るんだ。




みんながみんな会社と対等な関係になれるほど稼げるわけじゃない。
でもその頑張りは自信につながる。


勤めている会社にとってもいい事なのよ、たぶん。
言われたことをやるだけの社員より「工夫し」「売り上げを作り」「時間を作る」、そういうのを作れる社員の方が価値があるのは当然。



努力する方向、なりたい目標を見誤ると努力は裏切る。
でも正しく努力すれば努力は裏切らないもんだと思うよ。


がんばっていこうぜ!



  • ※最後まで読んでくれてありがとうございます!はてブやツイッター等 をポチっとしていただけると大変はげみになります!